超図解ズーミング数学 期間限定割引キャンペーンのお知らせ

超図解ズーミング数学 正式リリースのお知らせ

このたび、株式会社高岡鳳凰堂は超図解ズーミング数学の正式リリースを発表し、期間限定の受験生応援キャンペーンを実施いたします。
その旨を、PRTIMESにて配信させていただきました。

【日本初】数学嫌いな中学生を日本からなくしたい。「超図解ズーミング数学」リリースと期間限定割引キャンペーンのお知らせ

超図解ズーミングを使って勉強を楽しく

東大現役合格者の受験ノウハウと最新のプレゼンテーション技術が融合したズーミング学習法

多くの中学生が苦手とする高校入試の数学ですが、入試で出題される応用レベルの問題は学校の授業では解き方を教えてもらう機会が少ないものです。こうした解き方や考え方などのノウハウは、学習塾で習うか、問題集を解いて自力で導き出すしかありませんでした。しかし超図解ズーミングでは、従来の授業では30分かかる説明を、ビジュアルとモーション(ズーム、回転など)などの表現を用いることで、10分の1の3分で理解できるように設計されており、その中に東大現役合格者のテクニックや考え方を、次世代のプレゼンテーションソフトPreziで表現しているので、何度繰り返しても数学の学習がつらくないように作られています。

現在、多くの方にズーミングの提案する新しい学習法を体験していただきたいと思い、期間限定の割引キャンペーンを実施中です。
※本キャンペーンは終了いたしました。

こちらの記事では、プレスリリースに掲載しきれなかった内容を紹介させていただきます。

日本から数学が嫌いな中学生をなくしたい

教科書でもったいぶった文章で説明してあることも、ていねいに分かりやすく解説すれば、意外と難しくないものです。むしろ、定理や公式の証明方法を考えたり、色々な分野の知識を組み合わせて問題を解くプロセスは知的好奇心をくすぐる、とても楽しいものです。高校入試がほとんどの中学生にとって避けて通ることができない人生の関門であり、シビアな競争である以上、テクニックを追求して成績を上げることは大切ですが、超図解ズーミングでは、数学の楽しさに気づくきっかけにもなりたいという想いも込めながら、教材を開発しています。

数学嫌いは、本人にとっても日本全体にとっても良いことはありません。高校入試において数学が最も勉強時間が必要で得点差がひらきやすい科目であることも理由の1つです。しかし、数学、ひいては物理や化学などのサイエンスが得意な人たちが、新しい時代に求められるテクノロジーや製品、サービスなどはサイエンスに親しみ、豊富な知識と深い思考力を持つ人々が発明してきました。アップルやグーグル、Facebook、Amazonやテスラなど世界を変えるようなプロダクトやサービスはいつも新しい発想、新しい技術から生まれています。

世界を変えるような発明を生み出すのは、探究心と好奇心、そして情熱です。その最初の芽となる初等数学の時点で、その大切な芽を摘んでしまうような選択をしないでほしい。わからないという理由で数学や科学を嫌いになるのは、10年後、20年後の未来に無限に広がるはずの可能性を自分で狭めることになるのです。だから、数学を好きになって欲しい、科学に好奇心を持って欲しい、そしてやがてそれを武器に世界に挑戦する若者が日本から飛び出して欲しい。超図解ズーミングには、そのような想いも込められています。