数学だけ得意な子、数学以外は得意な子、ヤバイのはどっち?

どちらも良い状況とは言えませんが笑、あえて言えば数学が不得意な方が圧倒的にヤバイです。

数学以外は巻き返し可能

理数以外の科目は、漢字や単語、年号や人名、その他、基本的には教科書に書いてある内容をがんばって覚えることがすべてです。この時に、大切になるのはメンタルのコンディションです。覚えることが楽しく、やればやるほど成績が伸びていく感覚を知れば自然と追い上げが可能になります。つまり、上がり方に大小あれど、受験に向けて点数が上がっていくことになります。

数学は巻き返しできない

それに対し、数学は受験本番が近づくに従い問題がどんどん複雑になり、応用問題がメインになってきます。つまり、数学が嫌いで、数学から逃げて他の科目をやっている間に、数学の問題はどんどん難しくなっていくのです。そのうちに、どこから手を付けて良いかわからなくなったらもう状況最悪です。こうなると受験に向けて点数は上がるどころか下がっていくことになります。つまり、数学を苦手のまま放っておくと巻き返しができなくなるのです。こんなだから、メンタルのコンディションも悪化し、他の科目の勉強にまで悪い影響を与えてしまうのです。

みんなが数学を嫌いになる落とし穴

受験では、相似と合同の問題が合体して登場したり、2次関数と1次関数と三平方の定理が合体して出てきたり、とにかく、どの学年で学んだ内容か関係なく、色々と組み合わされて登場します。

つまり、数学は「1年生の復習」とか「2年生の復習」なんていうのがほとんど無意味なのです。

例えば1年生の時は「比例」ならば1年生の知識で解ける「比例」の応用問題しか出ませんでした。そこに連立方程式や、2次方程式がからめられることは絶対にありません。しかし、受験では3年生までの知識を複雑にからめた「比例」のアップグレード問題が登場するのです。つまり1年生には解けない「比例」の問題です。

ここに気づかなくてはいけません。他の科目は1年生の時に学んだ内容は、3年生になってもそのまま覚えたものが使えます。しかし、数学は1年生の時に覚えた知識だけでは、受験問題を解くことはほとんどできないのです。みんなが数学を苦手となる原因は、ここにあります。

数学は1年生で学ぶものが簡単、3年生で学ぶものが難しいわけではありません。受験においては1次方程式のめちゃくちゃ難しい問題が登場することもよくあるのです。

数学アレルギーをやっつけて、数学を武器に変えよう

ズーミングは基本/応用編で教科書と同等レベルの数学を学びます。これは学年に合わせたコンテンツになっていて1年生は1年生の内容になります。数学の基礎を完璧にすることを目的とします。具体的には定理や公式を爆速で暗記します。暗記するだけでなく、なぜそのようになるのか、そのカラクリを解説し、数学の不思議さ、楽しさを知り、数学アレルギーをやっつけることを目的とします。

高校入試過去問編では、全国の公立入試過去問を選りすぐり、ズーミングならではの圧倒的にわかりやすい解説で実践問題をマスターします。たとえば1年生の知識では解けない1次方程式の問題など、入試で実際に登場する応用問題を多数準備しています。

数学の入試対策は、とにかく応用問題をたくさん解くことです。そして解いた問題のパターンを覚えてしまうことです。ズーミングならば、その両方が可能になります。しかも、塾や家庭教師、参考書ではどうしても時間的に不可能な次元の速さで。

2学期以降の限られた時間を、1秒でも効率的に使うために、1日も早くズーミングで数学の力を飛躍させ、浮いた時間を他の科目に振り分けてください。3学期に応用問題、入試対策に本腰を入れるためにも2学期までに数学の基礎を鍛え、数学嫌いを吹き飛ばしておきましょう。

今ならキャンペーンも実施中です。お得に利用できるチャンスをお見逃しなく。

文責:ikatetsu