確率 サイコロ03

高校入試問題解説 奈良県

サイコロの確率の入試問題解説

定番のサイコロの確率と図形の三角形、とくに三平方の定理を融合させた高校入試数学の問題です。図形の知識と独特のルールがあるので、まず問題文の内容を正しく理解しないといけません。文章を注意深く読めば大切なヒントが隠れていることに気づける、上手くできている問題ですよ。

サイコロの確率と図形の融合問題

【問題文】

AB = 3cm, BC = 5cm, CA = 4cmの△ABCがある。
図のように、△ABCの周上に頂点から1cmの間隔で12個の点をとる。
2つのさいころを同時に1回投げて出た目の数の和がaのとき、
△ABCの周上にとった12個の点のうち、頂点Aから左回りに
a番目の位置にある点をPとする。
例えば、aが8のとき、点Pは頂点Cと一致する。
2つのさいころを同時に1回投げて、
点A、B、Pを結んで直角三角形ができる確率をもとめよ。(奈良県)

解答 7/18

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

場合の数キホン_01

場合の数とは、ものごとが起こるときに全部で何通りあるかを規則的に正しく数えることです。サイコロやコインを投げたときの出方、じゃんけんで出す手、カードやくじを引くときなど、すべてこの場合の数のルールに従って数えなければいけません。最初に、樹形図や表で規則的に数える方法そして「和の法則」という重要な考え方について学習します。

数学カテゴリ: , | 数学タグ: , , |