確率 サイコロ02

高校入試問題解説 北海道,青森県

サイコロの確率と整数の融合問題の解説

高校入試数学でよく出る、サイコロをなげたときの確率の問題の解説です。

【問題文】

(1)大小2つのさいころを同時に投げるとき、
出る目の数の和が8になる確率を求めなさい。(北海道)

(2)大小2つのサイコロを同時に投げるとき
大きいサイコロの出た目の数をa、小さいサイコロの出た目の数をbとする。

12
a+b

が整数になる確率を求めなさい。(青森県)

サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを問題のなかに盛り込むことで、
計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。
問題を繰り返し解いていけば、問題のパターンと、正しい解き方を身につけることができます。
そうすると、初めて見た問題でも、すぐにどのパターンなのかを判断できるようになりますよ。

(1) 5/36
(2) 1/3

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

場合の数キホン_01

場合の数とは、ものごとが起こるときに全部で何通りあるかを規則的に正しく数えることです。サイコロやコインを投げたときの出方、じゃんけんで出す手、カードやくじを引くときなど、すべてこの場合の数のルールに従って数えなければいけません。最初に、樹形図や表で規則的に数える方法そして「和の法則」という重要な考え方について学習します。

数学カテゴリ: , |