確率 硬貨03

高校入試問題解説 愛媛県

コインを投げるときの確率を求める入試問題の解説03

コインを投げる確率をもとめる入試問題の定番です。
今回解説する問題は、両面に色のついた3枚のメダルを投げます。
1つ1つの色ごとに点数をつけていくというゲームについて考えます。
問題の意味を正しく理解し、最短コースで正解にたどり着く考え方を解説します。

【問題文】

右の図のように、両面が異なる色で塗られた3枚のメダルがある。
1枚目は、一方の面が赤で、もう一方の面が白で塗られており,
2枚目は白と黒、3枚目は黒と赤で、それぞれ塗られている。
この3枚のメダルを同時に投げ、3枚のメダルの上になった面の
色を見て,赤は1枚につき4点、白は1枚につき2点、
黒は1枚につき1点として計算し、その合計点を得点とする。
例えば、上になった面が白1枚,黒2枚であった場合の得点は、
4点である。この3枚のメダルを同時に投げたとき,
得点が7点以上となる確率を求めよ。

ただし,メダルを投げたときは必ず、色を塗ったどちらかの面が
上になり,どちらの面が上になることも,同様に確からしいものとする。(愛媛県)

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

確率 サイコロ01

サイコロを投げる確率を求める過去問の解説です。確率で応用問題を作る場合、出題者は「3の倍数や整数、あるいは出た目を足して8になる」などの条件をつけることで問題をややこしくして、計算ミスを誘うしかけを作ります。他の分野との融合問題にすることで色々な応用問題が作られるわけですね。

確率 硬貨01

[高校入試問題解説 奈良県 確率] 高校入試ではコインを投げた結果の表裏によって別の何かを決めるというルールを付け加えることで、難易度を上げてきますが、冷静にコインの表裏のパターンを数えるところから考えていきましょう。

確率の計算きほん_01

確率の基本的な計算ができるようになりましょう。コイン、サイコロ、くじ、カードなどを例にとって基本的な計算の仕方を図解します。一番大事なポイントは、場合の数を正確に数えて、確率の分母と分子に当てはめること。そのためにコインやクジなど見た目の区別がつかないものでも、1つ1つを区別して考えるという視点も必要なのです。

確率 カードくじ01

別々の箱から数字が書かれたカードを1枚ずつ取り出すときの確率の問題です。出たカードの数字の大小を比べたり、かけ算したときの数値について考えながら確率を計算します。場合の数をきちんと数えることができれば確実に正解できる問題です。

場合の数キホン_02

確率によく出るテーマを使って、規則的に数えることを理解しましょう!場合の数の2個目のズーミングではサイコロやコイン、じゃんけんなどの問題を使って実際に数え方を勉強していきます。樹形図も使いますが、ポイントは「積の法則」です。積の法則を使うことで場合の数を数える計算を素早くできるようになります。

確率の計算きほん_03

確率の基本的な計算のズーミングの3つ目の教材です。確率問題の玉の数え方を説明します。赤色の玉が3個で青色の玉が4個...みたいな問題は1つ1つの玉に番号をつけるイメージで区別することが場合の数を正しく数えるために必要です。なぜそれが必要かというと、「同様に確からしい」という条件があるからですね。