確率 硬貨03

高校入試問題解説 愛媛県

コインを投げるときの確率を求める入試問題の解説03

コインを投げる確率をもとめる入試問題の定番です。
今回解説する問題は、両面に色のついた3枚のメダルを投げます。
1つ1つの色ごとに点数をつけていくというゲームについて考えます。
問題の意味を正しく理解し、最短コースで正解にたどり着く考え方を解説します。

【問題文】

右の図のように、両面が異なる色で塗られた3枚のメダルがある。
1枚目は、一方の面が赤で、もう一方の面が白で塗られており,
2枚目は白と黒、3枚目は黒と赤で、それぞれ塗られている。
この3枚のメダルを同時に投げ、3枚のメダルの上になった面の
色を見て,赤は1枚につき4点、白は1枚につき2点、
黒は1枚につき1点として計算し、その合計点を得点とする。
例えば、上になった面が白1枚,黒2枚であった場合の得点は、
4点である。この3枚のメダルを同時に投げたとき,
得点が7点以上となる確率を求めよ。

ただし,メダルを投げたときは必ず、色を塗ったどちらかの面が
上になり,どちらの面が上になることも,同様に確からしいものとする。(愛媛県)

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

確率 図形との融合問題04 動点問題

図形を動く点(動点)と、袋から数字がかかれた玉を取り出す確率が融合した高校入試過去問です。袋から玉を取り出すときの場合の数の数え方を正確に理解していること、玉にかかれた数だけ図形の上を点が動くという問題の内容を正しく読みとることが正解のポイントです。

確率 硬貨03

確率の高校入試問題の解説 コインを何枚か同時に投げるときの確率を求める入試問題です。表と裏に違う色のついたメダルを投げて、出た色によって点数をつけるゲームについて考えます。色の組み合わせと、それぞれの場合の得点がどうなるのか?正確にすばやく数えるための考え方を解説します。

確率 サイコロ02

サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを問題のなかに盛り込むことで、計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。問題を繰り返し解いていけば、問題のパターンと、正しい解き方を身につけることができます。

確率の計算きほん_03

確率の基本的な計算のズーミングの3つ目の教材です。確率問題の玉の数え方を説明します。赤色の玉が3個で青色の玉が4個...みたいな問題は1つ1つの玉に番号をつけるイメージで区別することが場合の数を正しく数えるために必要です。なぜそれが必要かというと、「同様に確からしい」という条件があるからですね。

同様に確からしい

「同様に確からしい」ってなんだろう?確率問題の文章に必ず書いてあるけど、何回読んでも日本語の意味がよく分からないですね。この教材では、初めに確率とは何かを説明したあとで、「同様に確からしい」の意味となぜそれが必要なのか?について解説しています。この呪文のようなフレーズに混乱しないで、確信をもって確率問題に立ち向かえるようになってください。

確率 サイコロ04

サイコロの確率を求める入試問題の過去問解説です。サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを使って途中の計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。基本的な知識を自分でうまく組み合わせて使うことができれば怖くありません。