確率 硬貨02

高校入試問題解説 熊本県

コインを投げるときの確率を求める入試問題の解説02

コインを投げる確率をもとめる入試問題の定番です。
高校入試数学ではコインを投げた結果の表裏によって、
別の何かを決めるというルールを付け加えることで難易度を上げてきます。
この問題では、100円玉1枚、50円玉2枚の計3枚を用意して、
表が出たコインの金額の合計について場合分けをして確率を求めていきます。

【問題文 】

上の図のように3枚の硬貨A,B,Cがある。
硬貨Aは100円硬貨、硬貨Bと硬貨Cは50円硬貨である。
この3枚の硬貨を同時に1回投げる。(熊本県)

①表裏の出かたは全部で何通りあるか,求めなさい。
②投げた3枚の硬貨のうち,表が出た硬貨の金額を合計して
100円以上になる確率を求めなさい。
ただし硬貨の表と裏の出かたは同様に確からしいものとする。

硬貨・コインをn枚同時に投げるときの表裏の場合の数

確率の問題で必ず計算する、コインの表裏の場合の数。
樹形図を描いて、1つ1つ数え上げることもできるけど、
高校入試本番では時間がもったいないので、指数で計算できるようになりましょう。

さらに問題②では、表が出た硬貨の金額を足していきます。
たとえば、100円(A)と50円玉(B)が表の場合、合計150円という感じで数えます。
金額の組み合わせは全部でいくつあるでしょうか?
最初はそこから考えてみましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

確率 硬貨01

[高校入試問題解説 奈良県 確率] 高校入試ではコインを投げた結果の表裏によって別の何かを決めるというルールを付け加えることで、難易度を上げてきますが、冷静にコインの表裏のパターンを数えるところから考えていきましょう。

確率の計算きほん_03

確率の基本的な計算のズーミングの3つ目の教材です。確率問題の玉の数え方を説明します。赤色の玉が3個で青色の玉が4個...みたいな問題は1つ1つの玉に番号をつけるイメージで区別することが場合の数を正しく数えるために必要です。なぜそれが必要かというと、「同様に確からしい」という条件があるからですね。

確率の計算きほん_02

確率の基本的な計算の教材の2つ目です。確率の大事な性質である、0≦Aの起こる確率≦1、余事象=1-(Aの起こる確率)の2つのポイントを例題を見ながら計算のプロセスまでじっくりと解説します。とくに余事象を活用できるようになれば「少なくとも」という条件がつく確率問題は楽に計算できるようになります。

確率の計算きほん_01

確率の基本的な計算ができるようになりましょう。コイン、サイコロ、くじ、カードなどを例にとって基本的な計算の仕方を図解します。一番大事なポイントは、場合の数を正確に数えて、確率の分母と分子に当てはめること。そのためにコインやクジなど見た目の区別がつかないものでも、1つ1つを区別して考えるという視点も必要なのです。

同様に確からしい

「同様に確からしい」ってなんだろう?確率問題の文章に必ず書いてあるけど、何回読んでも日本語の意味がよく分からないですね。この教材では、初めに確率とは何かを説明したあとで、「同様に確からしい」の意味となぜそれが必要なのか?について解説しています。この呪文のようなフレーズに混乱しないで、確信をもって確率問題に立ち向かえるようになってください。

場合の数キホン_02

確率によく出るテーマを使って、規則的に数えることを理解しましょう!場合の数の2個目のズーミングではサイコロやコイン、じゃんけんなどの問題を使って実際に数え方を勉強していきます。樹形図も使いますが、ポイントは「積の法則」です。積の法則を使うことで場合の数を数える計算を素早くできるようになります。