確率 硬貨01

高校入試問題解説 奈良県

コインを投げるときの確率を求める入試問題の解説01

コインを投げる確率をもとめる入試問題の定番です。
高校入試数学ではコインを投げた結果の表裏によって、
別の何かを決めるというルールを付け加えることで難易度を上げてきます。
難しそうに思えてくるけど、コインの表裏のパターンを数えるところから冷静に考えましょう。

【問題文】

図で、数直線上を動く点Pは最初、原点Oにある。点Pは1枚の硬貨を1回投げるごとに
表が出れば正の方向に2だけ移動して裏が出れば負の方向に1だけ移動する。
硬貨を3回投げて移動した結果、点Pが原点Oにある確率を求めよ。(奈良県)

硬貨の表/裏と、数直線の進む方向をリンクさせよう

硬貨を投げたときの面で数直線上の進む方向を決めるというルールが、この入試問題の特徴です。
たとえば、硬貨を3回投げたときの結果が「表、裏、表」だったときのことを想像しましょう。

このとき1回目が表なので、点Pは原点Oから右(正の方向)へ2だけ移動します。

次に2回目が裏なので、点Pは左(負の方向)へ1だけ移動します。

3回目は表なので、点Pは右(正の方向)へ2だけ移動します。

最終的に点Pは原点Oから正の方向に3だけ移動した場所に到着しました。
このように硬貨の表裏が出る順番が点Pの場所とリンクしているのが、この問題の特徴です。

では問題文にある条件に合う、「コインの表裏の順番」の場合の数が全部で何通りあるのでしょうか?
それさえ分かれば正解をだせますよ。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

確率 図形との融合問題04 動点問題

図形を動く点(動点)と、袋から数字がかかれた玉を取り出す確率が融合した高校入試過去問です。袋から玉を取り出すときの場合の数の数え方を正確に理解していること、玉にかかれた数だけ図形の上を点が動くという問題の内容を正しく読みとることが正解のポイントです。

確率 図形との融合問題02

確率の問題と、座標平面上を動く点がつくる図形問題が融合した内容の高校入試過去問の解説です。座標平面上の距離や三角形の面積の計算をしながら確率を求めます。入試本番でも使える分析テクニックで、冷静に問題を読み取る方法を丁寧に図解しています。

確率 図形との融合問題01

確率および場合の数を求める計算問題と、座標平面上の図形問題が合わさった融合問題の高校入試過去問です。座標平面上の距離や三角形の面積をテーマにして確率の計算へとつながっていく内容です。冷静に図形を分析しながら解くための解き方を図解で解説します。

確率 カードくじ01

別々の箱から数字が書かれたカードを1枚ずつ取り出すときの確率の問題です。出たカードの数字の大小を比べたり、かけ算したときの数値について考えながら確率を計算します。場合の数をきちんと数えることができれば確実に正解できる問題です。

確率 サイコロ04

サイコロの確率を求める入試問題の過去問解説です。サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを使って途中の計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。基本的な知識を自分でうまく組み合わせて使うことができれば怖くありません。