平行線と角01

高校入試問題解説

平行線と交差する直線がつくる角度を求める入試問題01

「三角形の外角はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」

平行線と交わる直線がつくる角度の関係性をズーミングの超図解で、
正確に効率的に解けるようになりましょう。
特にこの三角形の内角、外角の性質をうまく使えば、途中の計算を上手にはぶくことができます。
同位角や錯角など過去問解説を繰り返し見て、図を見たら自然と分かるくらいに反復練習しましょう。

【問題文】

(1)3本の直線があります。
直線l,mが平行であるとき、∠xの大きさを求めましょう。(北海道)

(2)直線l//mであるとき、∠xの大きさを求めましょう。(沖縄県)

(3)直線Lと直線Mが平行であるとき、∠xの大きさを求めましょう(山口県)

(1)130°
(2)30°
(3)75°
  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

特殊な三角形の性質

図形の中でも特殊な性質をたくさん持つのが三角形。シンプルだけど奥が深くて面白いから、テストや高校入試の問題も作りやすいんですね。三角形の性質は、入試の数学では一次関数、二次関数や円など色々な分野と組み合わせで出題されます。繰り返し学習して三角形の性質を理解したら、図形問題が得意になりますよ。

数学カテゴリ: , | 数学タグ: , , |

三角形の合同条件

【三角形の合同条件】 同じカタチと大きさの図形同士のことを、数学的に説明したものが合同で、その中でよく出るのが三角形の合同条件。高校受験数学では、合同を相似や円、二次関数などと組み合わせて出題されることがよくあります。合同が成り立つ条件を図解で覚えましょう。