一次関数03 図形問題

高校入試問題解説 北海道

一次関数のグラフと図形の融合問題の過去問

今回は北海道で出題された一次関数の過去問です。
交点を求める単純な問題から始まります。
しかし途中からグラフを図形として観察し、辺の長さを求める視点が必要な問題です。
問題文はあっけないほど短いのですぐに解けそうですが、意外とハイレベルな問題と言えます。

【問題文】

図のように2つの関数がある。
y = –x+6 …①
y = x+2 …②
②のグラフとY軸との交点をA,①と②のグラフの交点をBとします。
点Oは原点とします。このとき次の(1)(2)に答えなさい(北海道)

(1) 点Bの座標を求めなさい。

(2) ①のグラフ上に点Pをとり、点Pのx座標をtとします。
∠BAP=60°のとき、tの値を求めなさい。ただし、t>0とします

(1) B(2,4)
(2) t = 2+2√3
  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

一次関数04 図形問題

X軸、Y軸の座標平面にひいた直線(一次関数のグラフ)の傾きの値を求める問題です。傾きをもとめるために平面図形の知識を使わなくてはいけません。上手に補助線を引いて図形からヒントを見つけることができるようになりましょう。

一次関数03 図形問題

一次関数の高校入試過去問 交点を求める単純な問題から始まりますが、途中からグラフを図形として観察し、辺の長さを求める視点が必要な問題です。問題文はあっけないほど短いのですぐに解けそうですが、意外と時間がかかります。

一次関数02 グラフの交点

一次関数の過去問 比例と反比例のグラフ、一次関数のグラフの交点や座標を求める高校入試数学の過去問です。たいていの場合は問題文に座標や傾き、切片の数値が書いてあるのでグラフを表す関数の式に代入できれば解答は出てくるシンプルな問題です。

一次関数のグラフと方程式の関係

【一次関数】グラフと連立方程式の関係について 連立方程式の解は一次関数の2つのグラフの交点の座標になる。この両者の関係をビジュアルで理解しておけばテストの問題も自信をもって計算できて、グラフも正確にかけるようになります。

数学カテゴリ: , |

一次関数の式の求め方

【一次関数の式を求める時の計算パターン】一次関数の式の求めるということは、y=ax+bのaとbに入る数字を計算するということ。中学校の定期テストの計算問題などでよく出る問題ですが、覚えるべき計算のパターンは少ないので、繰り返し練習すれば慣れますよ。この教材ではまず計算パターンを超図解ズーミングで記憶してしまいましょう。

数学カテゴリ: , |