一次関数01 計算問題

高校入試問題解説 山口県,福島県,徳島県,兵庫県

一次関数の過去問 計算問題

一次関数の計算問題です。

高校入試の最初のほうの計算問題で出てくる、シンプルな問題です。
とにかく計算ミス、問題内容を誤解せずに素早く解くことをめざしましょう。

【問題文】

(1) 一次関数 y=–3x+a は、x=2 のとき y=5 である。このとき、aの値を求めなさい。<山口県>

(2) 一次関数 y= –1/5 x+1 について、xの変域が -5≦x≦10 のときのyの変域を求めなさい。<福島県>

(3) 一次関数 y=3x+1 について、xの増加量が2のときのyの増加量を求めなさい。<徳島県>

(4) 2点 (3 , 2)、(5 , 6) を通る直線の式を求めなさい。<兵庫県>

(1) a = 11
(2) –1 ≦ y ≦ 2
(3) 6
(4) y = 2x – 4
  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

一次関数の変化の割合と変域

一次関数の「変化の割合」と「変域」について理解しよう。YとXの一次関数では変化の割合とはXが一定の量変化したときに、それに比例してYがどれくらい増えるのか?ということです。また変域とは、一次関数のグラフのXとYがどこからどこまでの範囲の数値をとるのか?という意味です。それぞれ関数の式とグラフと両方から意味を理解しましょう。

数学カテゴリ: , |