方程式の文章題09 三つの整数の関係から元の数を求める

高校入試解説 佐賀

方程式の文章問題09

文章と表を読みとって方程式をつくり、答えを求める入試問題の解説です。

【問題文】

1〜20までの正の整数から3つの数を選び、それぞれA、B、Cとする。
BはAから5小さい数であり、CはAの2倍より1小さい数である。
整数Aをxとするとき(ア)〜(ウ)の各問いに答えなさい。<佐賀県>
(ア) 整数Bをxを用いて表しなさい。

(イ) 整数Cをxを用いて表しなさい。

(ウ) AとBの積がCを3倍したものより25小さいとき、整数A, B, Cをそれぞれ求めなさい。
ただし、xについての方程式をつくり、答えを求めるまでの過程も書きなさい。

(ア) x–5
(イ) 2x–1
(ウ) 整数A=7,整数B=2,整数C=13
  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

円の中の角度04

円の中に描かれた図形の角度を求める高校入試過去問の問題と解説です。円周角の定理や、平行線と角の知識をつかって答えを導きだしていきます。

円の中の角度03

円の中の角度を求める入試過去問の解説です。高校入試では頻出の分野です。円周角の定理や三角形の性質、平行線と角など中学校の図形分野で学ぶ知識を幅広く使わないと答えが出ない問題ばかりです。超図解ズーミング数学の解説でテクニックを吸収してください。

円の中の角度02

円の中の角度を求める図形の入試過去問の解説です。円周角の定理や三角形の性質、平行線と角など中学校の図形分野で学ぶ知識を幅広く使わないと答えが出ない問題ばかりです。超図解ズーミング数学で解き方を理解して、反復練習でテクニックを吸収してください。

円の中の角度01

円の中に描かれた図形の角度を求める高校入試過去問の問題と解説です。円周角の定理や、平行線と角の知識をつかって答えを導きだしていきます。

平行線と角06

平行線と交わる直線がつくる角度を求める問題は、同位角、錯角、対頂角などをつかってまわりの角度が分かるようにできています。それをヒントにして答えにたどり着くわけです。

平行線と角05

平行線は同位角や錯角、長さの比などに特徴があります。その特徴と二等辺三角形や正三角形などの特殊な三角形を組み合わせると複雑そうに見える図形の問題を作ることができます。出題者が使う組み合わせのパターンを見ぬけるようになりましょう。