文字と式02 文字式を作る文章題

高校入試問題解説 佐賀 和歌山 高知

文章からヒントを抜き出して文字式を作る問題の解説

文章を読み取って、文字式を作る

方程式の計算問題は解けるけど、文章題は苦手という人のほとんどが文章から文字式を作ることに苦手意識を持っています。
実は問題文の中にたくさんのヒントが散りばめられているので、正しく読み解くことで、文字式を作ることができるのです。

文字式を作ることは、方程式の文章題、図形や確率の応用問題などでも必要です。
なぜなら応用問題は文章が長くて、そこに書いてあることの中から必要な情報を引き出して
正解に必要な式を自分で組み立てながら計算しなくてはいけないからです。

すべての応用問題を解く土台とも言えるのが、文字式を作る文章題ですから
1秒でも速く、正解に解けるようにがんばりましょう。

【問題文】

(1)1個50円のみかんをa個買い、1000円払った時のおつりがb円以下になった。
このときの数量の関係を式に表しましょう。(佐賀県)

(2)長さ170cmの一本の糸がある。この糸の一方の端から順に、
長さ15センチの糸をa本切り取ると、残りの糸の長さはbcm
であった。このときbをaの式で表そう。(高知県)

(3)ノリオさんは家から本屋へ行った。家から途中のA地点までは
時速9kmで走り、A地点から本屋までは時速6kmで歩いた。
家からA地点までの距離をxkm、A地点から本屋までの距離を
ykmとすると本屋へ着くまでに24分かかった。
このときかかった時間を等式で表しなさい。(和歌山県 改)

文字式を作ることは方程式の文章題を攻略するための基本的な技術です。
文章を一回読んだら文字式が思い浮かぶほど、
なんども繰り返しイメージトレーニングを重ねてください。

(1)  1000–50b ≦ b
(2) b=170–15a
(3) x/9+y/6 = 2/5

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

文字と式04 文字式を作る文章題

文章を読み取って文字式を作る問題です。文字式を作ることを方程式の文章問題で必要な基礎です。問題によっては、等式か不等式のどちらを作ればよいのかを自分で判断しなければいけない場合もあります。その点にも注意して冷静に問題を解けるようになりましょう。

文字と式03 文字式を作る文章題

文章を読んで文字式を作る問題の解説です。文字式を作ることを方程式の文章題で必要な基礎学力です。単位の違う物をごっちゃにして計算しないことや、値段の割引を文字式で表すなど、注意深く問題文を読むことも意識して解いていきましょう。

文字と式02 文字式を作る文章題

問題文からヒントを見つけ出すコツを身につけてください。文字式を作る力は一次方程式、二次方程式、連立方程式問わず、方程式の文章題を攻略するための基本的な技術です。繰り返し文字式を作る練習をしましょう。

文字と式01 不等式を作る文章題

文字式を作る文章題の解説 文字式を作る力は、方程式の文章題でも必要なものです。くり返し解説を見て、コツをつかめば問題文の中にあるヒントを素早く見つけて、文字式を作ることができるようになります。

式の計算02 式の値を求める計算

高校入試定番の計算問題の1つが文字式の計算です。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。

式の計算01 式の値を求める計算

高校入試の問題で、最初のほうに出てくる計算問題の1つに文字式の計算があります。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、1問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。