図形の上を点が移動する動点問題

中3数学 二次方程式

二次方程式を使って解く動点問題

三角形の辺の上を2点が動く図形問題

二次方程式の応用問題の定番とも言える、図形の上を点が動く「動点問題」の解説です。

【例題文】
右の図のような直角二等辺三角形ABCで、点PはAを出発して辺ABを点Bまで動きます。
また点Qは点PがAを出発するのと同時にCを出発し、Pと同じ速さで辺BC上をBまで動きます。
点PがAから何cm動いた時、台形APQCの面積が28cm²になりますか。

動く点の問題を超図解で理解しよう!

動点問題は、頭の中で点が動いていくイメージをしっかりできるように慣れていく必要があります。
超図解ズーミング数学の解説で、くり返しみて解き方を理解してください。
実際に問題を解くときは、問題用紙にかいてある図に鉛筆で書き込みもして点が動く様子を正確にイメージできるようになりましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

[mepr-active rules=”15794″ ifallowed=”hide”]

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中3数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ
[/mepr-active]

[mepr-active rules=”15794″ ifallowed=”show”]

[/mepr-active]

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

二次方程式のきほん

二次方程式のきほん 二次方程式っていう音の響きにビビることはない!てんびんがつり合うイメージを描くことができれば、一次方程式と同じ方法で解くことができるよ。 超図解ズーミングによる解説 「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。     関連する数学教材

平方根で解く方法

二次方程式は解の公式さえ使えば計算で解くことができる。だけど公式自体が複雑だし計算ミスもしそうだから、もう少し簡単な方法で対処できるなら、そっちを使いたいよね。その時にポイントになるのが、平方根をうまく使うこと。名付けて平方作戦。ズーミングで平方根をうまく利用した計算方法をマスターできると計算問題をより速く解けるようになるよ。

二次方程式の解の公式

二次方程式の解の公式。見た目は複雑だけど、公式はそれさえ使えば答えが一発で出る便利な道具だけど、因数分解や平方根を使ったほうが楽に解ける問題もある。時間が限られたテストでは、道具をうまく使い分けて計算ミスを防ぎ短時間で問題を解くことが必要なんだ。解の公式を暗記するという同時に、使いどころもきちんと理解しておこう!

方程式の文章題03 池の周りを一周する速度の問題

方程式の文章題攻略第3弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおうシリーズ「方程式の文章題攻略第3弾!」第3弾では、A君とB君が時間をずらし、違う速度で出発して再会する問題。テストや入試でもよく出てくるパターンです。