カレンダーの問題

中3数学 二次方程式

二次方程式で解くカレンダーの問題

二次方程式の応用問題の1つ、カレンダーの問題の解き方を解説します。

【例題文】
このカレンダーのある日を X とし、
X の右どなりの数と、X のすぐ下の数をかけると、
Xに14をかけて2を加えた数と等しくなります。
Xの値を求めなさい。

カレンダーの問題はまずどれか日付を選んで考えてみる

問題文を読むと、右どなりがどうしたとか下の数がどうとか紛らわしいですね。
頭の中だけで悩んでいてもしょうがないので、こういう時はカレンダーのどこかの日付を選んで考えてみましょう。

たとえば、「13日」を選んだとします。
右どなりは14日、次の日(1日後)ですね。
下の数は20日、つまり1週間後(7日後)です。
カレンダーにならぶ数字の関係性が見えれば、文字Xを使って方程式を作れそうな気がしませんか?

超図解ズーミングの教材で、どういう考え方をして問題を解いているのか、全体の流れもしっかり理解すれば
別のカレンダーの問題が出たときも応用がききますよ、

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

整数問題

文章問題でよくある、数の計算に関する問題。「ある数」という字を見かけたら、不明な数をxやyなどの文字で表すことを思い出そう。そして方程式の問題のポイント、てんびんがつりあうイメージをしながら、=(イコール)でつながる式を作ることができれば、後は計算するだけです。

図形の辺の長さを求める

辺の長さを求めるために二次方程式を使う問題を解いてみましょう。[問題]正方形の縦を3cm短くし、横を4cm長くして正方形を作ったら、長方形の面積は60cm²になりました。もとの正方形の一辺の長さを求めなさい。