多項式の計算方法_02

中2数学 文字と式

分数も混じった多項式の計算方法

多項式の計算は高校入試でもよく出る計算問題。
入試本番では時間節約のために計算問題はおよそ50秒以内で解くことが求められます。

だから計算ルールを正確に覚えて、
分配法則や分子分母の約分などを使いこなせるようになりましょう。

足し算、引き算のポイントは「同類項をまとめる」こと
かけ算、わり算のポイントは「分配法則」でカッコを外すこと

今回は、かけ算わり算をした後で文字式を足し算するとか、
分数の文字式どうしをかけ算わり算するなどの少し複雑そうな問題の解説をしています。
見た目は難しそうでも、基本の原理は同じです。

計算方法をしっかりイメージできるようになるまで繰り返しましょう。
正しい解き方をマスターした後で、きちんと問題練習すればテストでも落ち着いて計算できますよ。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

prezi

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

文字と式04 文字式を作る文章題

文章を読み取って文字式を作る問題です。文字式を作ることを方程式の文章問題で必要な基礎です。問題によっては、等式か不等式のどちらを作ればよいのかを自分で判断しなければいけない場合もあります。その点にも注意して冷静に問題を解けるようになりましょう。

式の計算01 式の値を求める計算

高校入試の問題で、最初のほうに出てくる計算問題の1つに文字式の計算があります。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、1問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。