多項式の計算方法_01

中2数学 文字と式

多項式の四則演算のやり方を図解で解説

多項式の計算は高校入試でもよく出る計算問題。
入試本番では時間節約のために計算問題は
およそ50秒以内で解くことが求められます。
だから計算ルールを正確に覚えて分配法則や
分子分母の約分などを使いこなせるようになりましょう。

足し算、引き算のポイントは「同類項をまとめる」こと
かけ算、わり算のポイントは「分配法則」でカッコを外すこと

超図解ズーミングで計算方法をしっかりイメージできるようになりましょう。
そのイメージが、頭の中で自動で再生されるくらいに繰り返したら
問題をといて正しいやり方で計算できるかをチェックしましょう。

まず最初に正しい方法を身につけることが大事です。
その後で、スピードアップできるように練習しましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

式の計算02 式の値を求める計算

高校入試定番の計算問題の1つが文字式の計算です。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。

文字と式 文字と数字で式をあらわす

【文字と式】小学校までは「分からない数」があると丸や四角などの記号で表したり、xやyなどのアルファベットで置きかえることを習いましたが、中学校で習う数学では、アルファベットの文字だけを使います。文字と数字を同時に使うときには式の書き方にいろいろルールがあります。まずはそのルールを覚えて、次に文字と数字で式をつくることにも慣れていきましょう。

文字と式03 文字式を作る文章題

文章を読んで文字式を作る問題の解説です。文字式を作ることを方程式の文章題で必要な基礎学力です。単位の違う物をごっちゃにして計算しないことや、値段の割引を文字式で表すなど、注意深く問題文を読むことも意識して解いていきましょう。