単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

平行線と角01

「三角形の外角はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」解説を何度も見て、図解で解き方を覚えましょう。同位角、錯角という用語が難しく感じますが、超図解ズーミング数学で学べば当たり前なことを言っているだけだと気づけるでしょう。

一次関数の式の求め方

【一次関数の式を求める時の計算パターン】一次関数の式の求めるということは、y=ax+bのaとbに入る数字を計算するということ。中学校の定期テストの計算問題などでよく出る問題ですが、覚えるべき計算のパターンは少ないので、繰り返し練習すれば慣れますよ。この教材ではまず計算パターンを超図解ズーミングで記憶してしまいましょう。