単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

確率 カードくじ01

別々の箱から数字が書かれたカードを1枚ずつ取り出すときの確率の問題です。出たカードの数字の大小を比べたり、かけ算したときの数値について考えながら確率を計算します。場合の数をきちんと数えることができれば確実に正解できる問題です。

確率の計算きほん_02

確率の基本的な計算の教材の2つ目です。確率の大事な性質である、0≦Aの起こる確率≦1、余事象=1-(Aの起こる確率)の2つのポイントを例題を見ながら計算のプロセスまでじっくりと解説します。とくに余事象を活用できるようになれば「少なくとも」という条件がつく確率問題は楽に計算できるようになります。

方程式の文章問題

方程式の文章問題は、情報がたくさん出てきて混乱しがちだけど、大切なのは「てんびんがつり合う条件」、つまり右辺と左辺が=(イコール)でつながる式を作れるかどうかがとても大切です。買い物の個数と金額、時間と距離を求める問題、比の値を使う例題でコツをつかみましょう。

連立方程式の利用01

【連立方程式の文章問題】文章を読み取って、連立方程式を自分で作り、答えを求める問題が定期テストや入試でも良く出題されます。この教材では文章題でよくあるパターンの一つ、買い物で買ったものの個数と、合計の金額がセットになった連立方程式を作るというものです。