単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

文字と式 文字と数字で式をあらわす

【文字と式】小学校までは「分からない数」があると丸や四角などの記号で表したり、xやyなどのアルファベットで置きかえることを習いましたが、中学校で習う数学では、アルファベットの文字だけを使います。文字と数字を同時に使うときには式の書き方にいろいろルールがあります。まずはそのルールを覚えて、次に文字と数字で式をつくることにも慣れていきましょう。

二次関数01 変域

二次関数のグラフの見方をしっかり理解して、変域を正確に求めることができるようになろう。中学で習う二次関数のグラフは上向きと下向きの2つがあるけど、それぞれの最大値、最小値や、X軸がプラスの数の範囲、マイナスの数の範囲かによっても、Yの値の増加・減少のパターンが変化します。

容器に水を入れる問題05

容器に水を入れる高校入試数学の過去問解説 容器に水を入れてから密閉し、容器の向きを変えるという内容の問題です。液体の水は形が変わっても量(体積)は変わらないことに注目して解くのがポイントです。

連立方程式の利用03

【連立方程式の文章問題】割合を使う連立方程式の文章題を解き方を分かるようになりましょう。定価から10%を引くとか、重さが20%増えるとか、割合で表現したものを、どうやって文字式で表現したらいいでしょうか。以外と計算が苦手な人も多い、割合の使い方を図解でおぼえましょう。

二次関数 放物線のグラフと変域

二次関数のグラフの見方をマスターしよう!放物線のかたちをした二次関数のグラフではXの変域がどの位置にあるかによって、Yの最大値・最小値の決まり方もパターン分けされます。また、二次関数の係数aがプラスかマイナスかによっても、最大値・最小値のパターンが決まります。