単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

数の性質04 座標平面と数の性質の問題

数の性質を使ってx軸y軸の座標についての問題を解く、高校入試過去問の解説です。原点Oから点Pにむかって引いた線分OP上にある点でx座標、y座標がともに自然数になるという点がいくつあるのか?この問題を自然数とグラフとの間にある、1つの特徴を利用して解いていきます。

二次方程式の解の公式

二次方程式の解の公式。見た目は複雑だけど、公式はそれさえ使えば答えが一発で出る便利な道具だけど、因数分解や平方根を使ったほうが楽に解ける問題もある。時間が限られたテストでは、道具をうまく使い分けて計算ミスを防ぎ短時間で問題を解くことが必要なんだ。解の公式を暗記するという同時に、使いどころもきちんと理解しておこう!

正負の数のかけ算,わり算のルール

プラスの数、マイナスの数が混じった「かけ算」「わり算」をするときのルールを覚えましょう。ポイントはプラスの符号、マイナスの符号が計算の後でどう変化するか?ということです。足し算・引き算のときと同じく、数直線の上を数字が移動していくのをイメージと分かりやすいでしょう。

確率 図形との融合問題02

確率の問題と、座標平面上を動く点がつくる図形問題が融合した内容の高校入試過去問の解説です。座標平面上の距離や三角形の面積の計算をしながら確率を求めます。入試本番でも使える分析テクニックで、冷静に問題を読み取る方法を丁寧に図解しています。

関数と図形の融合問題03

二次関数と一次関数のグラフが2点で交わっている座標平面と図形の融合問題です。1次関数の式を求めたり、3点を結んでできる三角形の面積を求めたりする典型的なパターンなので、サクサク解けるようになりましょう。