平面図形の移動

中1数学 平面図形

平面図形 図形や点の移動の種類について

図形(点)が平面を移動するときの移動のしかたを勉強しましょう。
移動には平行移動、回転移動、対称移動の3種類があります。

平行移動,回転移動,対称移動の違いを区別できるようになろう

平行移動とは、図形(点)を一定方向に、一定の距離だけ移動することです。
形や大きさ、向きはそのままで位置だけが動きます。
移動する前と後の対応する点どうしを結んだ線分が平行で、長さもひとしくなるのが平行移動のポイントです。

回転移動とは、1つの点を中心にしてそのまわりを一定の角度だけ回転して移動することです。
中心となる点のことを、回転の中心とよびます。
移動する前と後の対応する点は回転の中心からの距離が等しく、回転の中心と結んでできた角の大きさはすべて等しいです。

対称移動とは、図形(点)を1つの直線を折り目のようにして、折り返して移動することです。
この折り目となる直線のことを「対称の軸」と呼びます。対称移動で移動する図形どうしは、軸に対して線対称です。
また対応する点を結んだ線分は、軸に対して垂直であり、かつ軸の交点から各点までの距離は等しくなります。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

直線と角の基本

[中1数学 平面図形]図形のことを勉強するためには、点や直線などについている色々な名前を覚えることが必要です。スポーツのルールを覚えるのに特殊な用語を知らなければいけないように、図形問題の内容を正しく理解して正解するために覚えておかなければなりません。

円とおうぎ形

[中1数学 平面図形]円とおうぎ形に関係する、いろいろな名前を覚えましょう。円には直径、半径のほかに弧、弦もあります。おうぎ形には中心角という用語があります。また、円と弦の関係、円と接線の関係についても知っておきましょう。