Loading...

数学をビジュアルで学べるから、分かりやすい

中学3年で習う「円周角の定理」を解説した教材サンプルです。

なぜ円周角が中心角の半分の大きさになるのか?という証明も、ビジュアルでイメージをつかむと実はとてもシンプルだということが分かります。

動きのない教科書の文章だけでは、書かれている内容を正しくイメージに結びつけにくいことが多いですが、「動く教材」を使うことで教科書の内容をとてもスムーズに理解できるようになり、数学の「分からない」を解決できます。

中学3年間で習う数学を徹底解説

中学1年の正負の数から中学3年の二次方程式や円周角の定理まで、中学生が3年間の教科書で習う範囲をビジュアルで丁寧に解説しています。

動きのある映像で学ぶことで、教科書の文章で書いてある内容をイメージで理解し、丸暗記に頼らずに正しい考え方を覚えることができます。

「今度の定期テストまでに苦手を無くして点数アップしたい!」

「夏・冬休み明けの実力テストのために素早く復習したい!」

通常の授業より効率的に学べる「超図解ズーミング数学」の教材を家庭学習の予習・復習にご活用ください。

中学校数学教材サンプル

数学はどこかでつまづくと、その後に続く部分も分からなくなる科目です。一度でも苦手意識が根づいてしまうと、克服するのに時間がかかります。

公立高校入試の数学をどこよりも丁寧に解説!

超図解ズーミング数学では47都道府県の公立高校の数学入試問題から良問をピックアップして分野別に解説しています。高校入試の勉強において、過去問を解いて各都道府県の問題パターンに慣れることは大切です。しかし、市販の問題集は解説が短い、省略されていることが多いのが難点です。

解説が雑だと、次のような場合に困ってしまいます。
(1)問題の解き方が分からなかったとき
(2)正解したけど、ホントにその解き方でいいのか不安なとき

過去問対策で重要なのは、分からなかった原因を見つけて「正しい解き方」を身につけることです。従来の紙の参考書のように解説がいい加減の場合、この一番重要な勉強ができず、実力が伸ばせません。

超図解ズーミング数学では、そんな課題を解決すべく数学の過去問をビジュアルで徹底的に解説します。黒板だけでは表現できない映像で、正解にたどり着くための正しい考え方をイメージ豊かに習得できるようにしました。

「数学の定期テストなら90点取れるのに、模試や実力テストだと良い点が取れない」
「志望校合格を確実にするために、もっと得点力をつけたい」

こんな思いを抱えている人は、受験生の間で差がつきやすい数学を強化することを強くオススメします!