1-4 三平方の定理の証明その1

中3数学 図形 三平方の定理

三平方の定理の証明その1

4つの直角三角形で正方形を作る方法で証明します

三平方の定理(ピタゴラスの定理)がなぜ成り立つのでしょうか?
定理だけを暗記しても、計算問題を解くことはできますが、
証明方法も知っておくことで理解を深めていきましょう。
証明方法はいくつもありますが、小学校の知識だけでも説明できる方法を紹介します。
直角三角形をくみあわせて正方形を作り、面積を使って三平方の定理が成り立つことを証明します。

  • 超図解ズーミングによる解説

  • 「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。


Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-3 距離を求める

一次関数のグラフやX軸、Y軸の座標にある点の距離も、三平方の定理で求めることができます。2つの点を結べば、それを斜辺とする直角三角形を作ることができます。実際のテストの問題では点の座標が示されるので、そこから辺の長さを求めて三平方の定理で斜辺の長さ=距離を出すという順番で解くことができます。