2-1 三角形の合同条件

中2数学 三角形

三角形の合同条件

合同とは何か?

同じカタチと大きさの図形同士のことを、数学的に説明したものが合同です。
そして、中学3年の図形の授業で習うのが「三角形の合同条件」です。

ちなみに市販の参考書ではほとんど説明されないのですが、
合同な三角形とは、相似比が1:1の三角形という意味です。
合同というのは、相似な図形の一部なんですね。
相似の勉強をした後で、興味がある人は考えてみてください。

高校入試でもよく出る三角形の合同

高校入試では、これに相似や円、二次関数などを組み合わせた問題が出題されますね。

グラフ上に座標をおいて、点を結んだら合同な図形がかくれているなど。
応用レベルの問題を解くヒントにもなるのが、三角形の合同条件です。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中2数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-1 三角形の相似条件

【三角形の相似条件】ひっくり返したり、回転させたり、拡大・縮小したらぴったりと重なる図形同士のことを「相似」な図形といいます。教科書では最初に三角形が登場するけど、本当は円や四角形など他の図形にも当てはまります。ただ相似を使った問題を作るときに三角形が題材として使いやすいのでよく登場します。