中2基本 三角形の合同条件1-1

三角形の合同条件 同じカタチと大きさの図形同士のことを、数学的に説明したものが合同で、その中でよく出るのが三角形の合同条件。高校受験数学では、合同を相似や円、二次関数などと組み合わせて出題されることがよくあります。また市販の教科書ではほとんど説明されないのですが、合同な三角形とは、相似比が1:1という意味なのです。相似の勉強をした後でぜひ考えてみてください。

このズーミングをご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。

有料コンテンツ利用をご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。

有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。