1-4 連立方程式の利用02

中2数学 連立方程式

文章を読んで連立方程式を作る問題

時間、速さ、距離(道のり)の関係を使って
連立方程式を作る文章問題の解き方を解説しています。
これも連立方程式でよくある問題ですね。
問題によって文字で表すものが
時間、速さ、距離の3パターンありますが、考え方は同じです。

[例題1] 太郎君は家から1500mの場所にある図書館へ
向かった。最初は分速50m、途中から分速80mで移動したところ、
24分で図書館に着いた。太郎君が歩いた時間、走った時間を求めなさい。

[例題2] Aさんはお兄さんとドライブに出かけました。
目的地まで高速道路は時速80km,ふつうの道路は時速40kmで走り,全体では3時間かかりました。
走った道のりが全部で200kmとすると、高速道路とふつうの道路は、それぞれ何kmありますか。

[例題3] A君の家から図書館までは、B君の家から図書館までより300m遠い。
A君とB君が同時に家を出発して図書館へ行くと、B君が2分間早く着く。
A君の速さは毎分80m、B君の速さは毎分60mとするとき、それぞれの家から図書館までの道のりを求めなさい。

時間や距離を求める文章題の解き方

(1)xやyなどの文字で時間、速さ、距離をあらわす

問題文の中には必ず、どれを求めてほしいのか書いてあります。
まずは文章から、それを読み取ります。

(2)すべての文字を使った方程式を作る

(1)で決めた文字のすべてを使った方程式ができているか?
中学校の数学では、求める数値は2種類だから、方程式が2個できていたら大丈夫です。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中2数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-1 連立方程式とは?

連立方程式とは? 名前からして難しそうな連立方程式。でも方程式の定番、テンビンがつり合うイメージをもって考えればかならず理解できます。この教材では連立方程式を使わなければ正解できない計算問題があること、正しい計算方法で解かないと時間をムダにするだけだということを知ってもらいたいと思います。

方程式 文章問題03

方程式の文章題攻略第3弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおうシリーズ「方程式の文章題攻略第3弾!」第3弾では、A君とB君が時間をずらし、違う速度で出発して再会する問題。テストや入試でもよく出てくるパターン!ズーミングで完全に右脳に刻み込んでしまおう!

1-5 連立方程式の利用03

【連立方程式の文章問題】割合を使う連立方程式の文章題を解き方を分かるようになりましょう。定価から10%を引くとか、重さが20%増えるとか、割合で表現したものを、どうやって文字式で表現したらいいでしょうか。以外と計算が苦手な人も多い、割合の使い方を図解でおぼえましょう。