1-1 単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中2数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

規則性の問題05

規則性をみつけて解く入試問題の解説です。ブロックをいくつか積み上げて立体を作り、重さが何通りあるかを求めるという空間図形と関係した内容の問題です。見た目が複雑そうですが「どうすれば方程式を作れるか?」という視点で問題文を良く読んでいけば、ヒントが見つかります。方程式ができれば、カンタンな計算問題として処理できますよ。

規則性の問題03

高校入試で差がつく、図形と規則性の問題と解説です。ムダな時間を使わずに全問正解するためのヒントは、直前の問題にあります。前の問題でつかった計算や答えを利用して、次の問題を解く。この発想が高校受験数学の入試レベルの問題を解くために必要になってきます。ぜひこの発想法をマスターしてください。

1-3 変化の割合

放物線のグラフを描く二次関数でも、変化の割合が登場します。こちらの教材では、一次関数のグラフでも習ったことの復習と、二次関数の変化の割合の特徴を比べながら説明していきます。一次関数と二次関数では、変化の割合はどう違うのか?この視点を持って、学習を進めてください。

1-2 場合の数キホン_02

確率によく出るテーマを使って、規則的に数えることを理解しましょう!場合の数の2個目のズーミングではサイコロやコイン、じゃんけんなどの問題を使って実際に数え方を勉強していきます。樹形図も使いますが、ポイントは「積の法則」です。積の法則を使うことで場合の数を数える計算を素早くできるようになります。