おうぎ形の面積と弧の長さの公式

中1数学 平面図形

平面図形 おうぎ形の面積と弧の長さを求める公式の図解

おうぎ形の図形についてさらに詳しく解説していきます。
まず、どうして「おうぎ形」という名前なのでしょうか?
それは手に持ってパタパタとあおぐときに使う「扇子」と形が似ているからですね。

そんなおうぎ形の図形の面積、弧の長さを求める方法について超図解で解説します。
図形問題でよく使う公式なので、かならず覚えておきましょう。

おうぎ形の面積の公式,弧の長さの公式

面積と弧の長さの公式を使えるようになろう

この公式をつかって、次の例題を解いてみましょう。
くわしい解き方は解説の教材を参考にしてください。

[例題]半径3cm、中心角60°のおうぎ形OABについて
(1) おうぎ形OABの面積は?
(2) 弧ABの長さは?

おうぎ形の面積をカンタンに求める便利な公式も覚えておこなう

上の2つの公式のほかに、おうぎ形の面積をすぐに求めることができる便利な公式もあります。
それは弧の長さと、半径だけで面積が計算できる便利なものです。
円周率や中心角などを気にしないでも公式に代入するだけですぐに答えが出ますよ。
公式の仕組みについても、分かりやすく図解してあるので同時に覚えてしまいましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中1数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連する数学教材

直線と角の基本

[中1数学 平面図形]図形のことを勉強するためには、点や直線などについている色々な名前を覚えることが必要です。スポーツのルールを覚えるのに特殊な用語を知らなければいけないように、図形問題の内容を正しく理解して正解するために覚えておかなければなりません。

円とおうぎ形

[中1数学 平面図形]円とおうぎ形に関係する、いろいろな名前を覚えましょう。円には直径、半径のほかに弧、弦もあります。おうぎ形には中心角という用語があります。また、円と弦の関係、円と接線の関係についても知っておきましょう。