確率 サイコロ02

高校入試問題解説 北海道,青森

サイコロの確率と整数の融合問題の解説

高校入試数学でよく出る、サイコロをなげたときの確率の問題の解説です。

【問題文 目標解答時間 3分30秒】

(1)大小2つのさいころを同時に投げるとき、
出る目の数の和が8になる確率を求めなさい。(北海道)

(2)大小2つのサイコロを同時に投げるとき
大きいサイコロの出た目の数をa、小さいサイコロの出た目の数をbとする。

12
a+b

が整数になる確率を求めなさい。(青森県)

サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを問題のなかに盛り込むことで、
計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。
問題を繰り返し解いていけば、問題のパターンと、正しい解き方を身につけることができます。
そうすると、初めて見た問題でも、すぐにどのパターンなのかを判断できるようになりますよ。

(1) 5/36
(2) 1/3

  • 超図解ズーミングによる解説

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

確率 図形との融合問題04 動点問題

図形を動く点(動点)と、袋から数字がかかれた玉を取り出す確率が融合した高校入試過去問です。袋から玉を取り出すときの場合の数の数え方を正確に理解していること、玉にかかれた数だけ図形の上を点が動くという問題の内容を正しく読みとることが正解のポイントです。

確率 図形との融合問題02

確率の問題と、座標平面上をうごく点がつくる三角形の問題が融合した内容の高校入試過去問の解説です。座標平面上の距離や三角形の面積の計算をしながら確率を求めます。入試本番でも使える分析テクニックで、冷静に問題を読み取る方法を丁寧に図解しています。

確率 図形との融合問題01

確率および場合の数を求める計算問題と、座標平面上の図形問題が合わさった融合問題の高校入試過去問です。座標平面上の距離や三角形の面積をテーマにして確率の計算へとつながっていく内容です。冷静に図形を分析しながら解くための解き方を図解で解説します。

確率 サイコロ04

サイコロの確率を求める入試問題の過去問解説です。サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを使って途中の計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。基本的な知識を自分でうまく組み合わせて使うことができれば怖くありません。

確率 サイコロ03

定番のサイコロの確率と図形の三角形、とくに三平方の定理を融合させた難易度高めの高校入試数学の問題です。図形の知識と問題独特のルールがあるので、まず問題文の内容を正しく理解しないといけません。文章を注意深く読めば大切なヒントが隠れていることに気づける、上手くできている問題です。