二次関数01 変域

二次関数の変域の応用問題

二次関数のグラフの見方をしっかり理解して、変域を正確に求めることができるようになろう。中学で習う二次関数のグラフは上向きと下向きの2つがあるけど、それぞれの最大値、最小値や、X軸がプラスの数の範囲、マイナスの数の範囲かによっても、Yの値の増加・減少のパターンが変化します。このルールさえ理解すれば、変域の問題は楽勝ですよ!
このズーミングでは、実際に入試で出題された比較的簡単な二次関数の応用問題を解説しています。あまり悩まずにどんどん進めて解法を丸暗記してください。答えを覚えるのではなく、文章題を解く流れをまるごと暗記するように心がけてください。

この教材をご利用いただくには右脳数学ズーミングへの有料プランのご登録が必要です。ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

2-2 整数問題

文章問題でよくある、数の計算に関する問題。「ある数」という字を見かけたら、不明な数をxやyなどの文字で表すことを思い出そう。そして方程式の問題のポイント、てんびんがつりあうイメージをしながら、=(イコール)でつながる式を作ることができれば、後は計算するだけです。

1-2 移項のやり方

移項で解く方程式 方程式とは何か?を理解したら、方程式を正しく解くための、計算方法をマスターしましょう。それが移項(いこう)です。これは大昔の数学者、フワーリズミーという人が考案した方法で、左右の両辺にある項のプラス・マイナスの符号を逆にしてから反対側の辺に移動させる方法で、方程式の計算で絶対必要です。

Tags: , |数学カテゴリ: , | タグ: , |

1-1 方程式とは?

【方程式】中学1年で習う方程式が分からない人、先取りで勉強したい人のための教材です。方程式は=(等号)で結ばれた左右の2つの辺があって、文字に当てはまる数字を求める計算をおこないます。慣れるまでは左右がつり合うてんびんをイメージするとよいでしょう。

Tags: |数学カテゴリ: , | タグ: |

2-1 方程式の文章問題

方程式の文章問題は、情報がたくさん出てきて混乱しがちだけど、大切なのは「てんびんがつり合う条件」、つまり右辺と左辺が=(イコール)でつながる式を作れるかどうかがとても大切です。買い物の個数と金額、時間と距離を求める問題、比の値を使う例題でコツをつかみましょう。