方程式 文章問題04

花だんの面積を求める方程式の文章問題

方程式の文章題攻略第4弾、花だんの面積を求める問題はテストや入試でもよく出題されます。

【問題文】

図1のような長方形の土地がある。
(1)図1の土地において、縦の方向に2本、横の方向に3本の直線を引くと図2のように12区画に分けられる。
同じようにして図1の土地において、縦方向にa本、横の方向にb本の直線を引くと、何区画に分けられるか?
a,bを使った式で表しなさい。

(2)図1の土地は、縦の長さが18m、横の長さが22mである。
この土地に図3のように幅の等しい道と4つの長方形の花だんを作る。
4つの花だんの面積の合計が320m2になるとき、道の幅をxmとして2次方程式を作り、道の幅を求めなさい。

【解答】

(1) (a+1)(b+1)
(2) 2メートル

ズーミングで解きかたを見る

問題の解説教材をご利用いただくには右脳数学ズーミングへの有料プランのご登録が必要です。
ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。
登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

二次関数04 文章問題

長い文章を読ませる二次関数の文章問題です。今回は群馬県で出題された過去問の解説です。ピザ屋の商品のサイズと値段の関係を関数で表す文章が載っています。この中からヒントを探し出してそれぞれの問題を解いていくことになります。問題の設定が学校生活とあまり関係ない話なので、イメージしにくいかもしれませんが、中学数学の関数の知識をただしく理解できていれば大丈夫なレベルの問題です。

二次関数03 文章問題

かなり長い文章の二次関数の過去問です。長野県で出題されました。テーマは自動車のブレーキの実験ですが、最後まで読むと二次関数の理解度を試す問題だということがわかります。問題文の中に、答えをみちびくためのヒントがかくされているので上手く探してきて計算するという流れになります。小学校で習った時間・速さ・距離の計算も当たり前にできたうえで、文章を読み解いて二次関数の計算をしなければなりません。

方程式 文章問題07

方程式の文章題の過去問解説07 文章を読んで方程式をつくり、答えを求める入試問題の解説です。買い物の場面で、割合を使う計算が必要です。どうすれば左辺と右辺がつりあう方程式を作れるか?という視点で読み解きましょう