方程式 文章問題03 池の周りを一周する速度の問題

高校入試問題解説 茨城県

「池のまわりを1周する方程式の文章題」

今回は方程式の文章題でよくある、池のまわりを1周する問題です。
A君とB君が時間をずらし、違う速度で出発して再会するというものです。
方程式を作るまえに池を実際にイメージし、まず図解で問題で聞かれていることを正確に理解しましょう。

【問題文 目標解答時間 4分間】

湖のまわりに1周3300mの遊歩道がある。この遊歩道の地点PにA君とB君がいる。
A君が分速60mで歩きはじめてから10分後にB君がA君と反対回りに歩き始めた。
B君が歩きはじめてから20分後に2人は初めて出会った。
このとき、B君の歩いた速さは分速何mか求めなさい。<茨城県>

分速75m

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「高校入試対策プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

2-4 花だんの問題_02

花だんの面積を求める問題の解き方について図解します。ズーミングで紹介するオススメの解き方は、通路を端っこにずらした後、花だんの面積を二次方程式で表現する方法です。元の面積から通路の面積を引く方法より計算が楽です。

2-3 花だんの問題_01

花だんの面積や通路の幅を求める問題の解き方について図解します。ズーミングで紹介するオススメの解き方は、通路を端っこにずらした後で、文字xを使って花だんの面積を二次方程式で表現する方法です。ぜひ参考にしてください。

2-1 整数問題

文章問題でよくある、数の計算に関する問題。「ある数」という字を見かけたら、不明な数をxやyなどの文字で表すことを思い出そう。そして方程式の問題のポイント、てんびんがつりあうイメージをしながら、=(イコール)でつながる式を作ることができれば、後は計算するだけです。

3-1 時間と速度の問題をマスターしよう

速度と時間と距離の関係は方程式が使えるようになる中学数学からはとっても簡単になります。「きはじ」的な意味を理解しないままの暗記はろくなことになりませんので、超図解ズーミングをよく見て速度問題の攻略法を完璧に身につけましょう!