文字と式04 文章問題

高校入試問題解説 栃木,沖縄,香川

文字と式04

文章を読み取って、文字式を作る

文章の内容から、文字式を自分で組み立てていく過去問の解説です。
ズーミングの図解で正しい解き方を理解し、イメージトレーニングを繰り返しましょう。
問題文の中にたくさんのヒントが散りばめられているので、
正しく読み解くことで、文字式を作ることができるのです。

【問題文 目標解答時間 40秒/問】

(1)面積が20cm²である長方形の横の長さをxcm、
縦の長さをycmとする。このときyをxの式で表わしなさい。(香川県)

(2)1冊a円のノートを3冊買うのに、400円出したらおつりがもらえた。
このときの数量の関係を式で表しましょう。(沖縄県)

(3)1個x円のりんご5個と、1個y円のみかん6個を買うと、
代金の合計は1000円より安い。この数量の関係を不等式で表しなさい。(栃木県)

文字式を作る訓練を積みながら、問題文からヒントを見つけ出すコツを身につけてください。

文章を一回読んだら文字式が思い浮かぶほど、
なんども繰り返しイメージトレーニングを重ねてください。

(1) y = 20/x
(2) 3a < 400
(3) 5x+6y < 1000

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「高校入試対策プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

関連ズーミング

方程式 文章問題07

方程式の文章題の過去問解説07 文章を読んで方程式をつくり、答えを求める入試問題の解説です。買い物の場面で、割合を求める計算が必要ですが、問題文からヒントを引き出して方程式を作ることに変わりはありません。左辺と右辺がつりあう方程式を正確に作るまでの解き方をしっかり理解しましょう。