文字と式02 文章問題

高校入試問題解説 佐賀 和歌山 高知

文章からヒントを抜き出して文字式を作る問題の解説

文章を読み取って、文字式を作る

方程式の計算問題は解けるけど、文章題は苦手という人のほとんどが文章から文字式を作ることに苦手意識を持っています。
実は問題文の中にたくさんのヒントが散りばめられているので、正しく読み解くことで、文字式を作ることができるのです。

【問題文 目標解答時間 45秒/問】

(1)1個50円のみかんをa個買い、1000円払った時のおつりがb円以下になった。
このときの数量の関係を式に表しましょう。(佐賀県)

(2)長さ170cmの一本の糸がある。この糸の一方の端から順に、
長さ15センチの糸をa本切り取ると、残りの糸の長さはbcm
であった。このときbをaの式で表そう。(高知県)

(3)ノリオさんは家から本屋へ行った。家から途中のA地点までは
時速9kmで走り、A地点から本屋までは時速6kmで歩いた。
家からA地点までの距離をxkm、A地点から本屋までの距離を
ykmとすると本屋へ着くまでに24分かかった。
このときかかった時間を等式で表しなさい。(和歌山県 改)

文字式を作ることは方程式の文章題を攻略するための基本的な技術です。
文章を一回読んだら文字式が思い浮かぶほど、
なんども繰り返しイメージトレーニングを重ねてください。

(1)  1000–50b ≦ b
(2) b=170–15a
(3) x/9+y/6 = 2/5

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「高校入試対策プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

方程式 文章問題07

方程式の文章題の過去問解説07 文章を読んで方程式をつくり、答えを求める入試問題の解説です。買い物の場面で、割合を求める計算が必要ですが、問題文からヒントを引き出して方程式を作ることに変わりはありません。左辺と右辺がつりあう方程式を正確に作るまでの解き方をしっかり理解しましょう。

方程式 文章問題05

方程式の文章題の過去問解説05 水族館の入館料を、自分で方程式を組み立てて求める高校入試の過去問について解説します。短い文章の中から、連立方程式を作れるかどうかが解答のポイントです。