平行線と角04 高校入試数学過去問対策 問題と解説

「続・平行線と三角形が組み合わせで出題されるパターン」

平行線は同位角や錯角、長さの比などに特徴があり、その特徴と二等辺三角形や正三角形などの特殊な三角形を組み合わせると一見複雑な感じに見えるので、入試でもよく出題されるパターンです。でも落ち着いて、それらの特徴を組み合わせていくと問題となっている角度を上手に導くことができるね。

このズーミングをご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。

有料コンテンツ利用をご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。

有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。