2-3 確率の計算きほん02

確率の計算 余事象の使い方

確率の基本的な計算のズーミングの2つ目の教材です。
ここでは、確率の大事な性質である、
0≦Aの起こる確率≦1、余事象=1-(Aの起こる確率)の2つのポイント
例題を見ながら計算のプロセスまで丁寧に図解します。
とくに余事象を活用できるようになれば「少なくとも」という条件がつく確率問題は
かなり楽に計算できるようになり、テストや試験本番での時間節約に役立ちますよ。

  • 超図解ズーミングによる解説

この教材をご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。
ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。
有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

確率 サイコロ03

定番のサイコロの確率と図形の三角形、とくに三平方の定理を融合させた難易度高めの高校入試数学の問題です。図形の知識と問題独特のルールがあるので、まず問題文の内容を正しく理解しないといけません。文章を注意深く読めば大切なヒントが隠れていることに気づける、上手くできている問題です。

確率 サイコロ02

高校入試数学の確率の問題でよく出る、サイコロをなげる過去問です。サイコロの目の数の合計や、整数、平方根などを使って途中の計算を複雑なものにしようとしているパターンの問題です。基本的な知識を自分でうまく組み合わせて使うことができれば怖くない問題です。

確率 サイコロ01

高校入試数学の確率の問題の、サイコロの過去問です。確率で応用問題を作る場合、出題者は「3の倍数や整数、あるいは出た目を足して8になる」などの条件をつけることで問題をややこしくして、計算ミスを誘うしかけを作ります。確率そのものの計算はシンプルなので、他の分野との融合問題にすることで色々な応用問題が作られるわけです。

2-4 確率の計算きほん_03

確率の基本的な計算のズーミングの3つ目の教材です。確率問題の玉の数え方を説明します。赤色の玉が3個で青色の玉が4個...みたいな問題は1つ1つの玉に番号をつけるイメージで区別することが場合の数を正しく数えるために必要です。なぜそれが必要かというと、「同様に確からしい」という条件があるからですね。

2-3 確率の計算きほん02

確率の基本的な計算の教材の2つ目です。確率の大事な性質である、0≦Aの起こる確率≦1、余事象=1-(Aの起こる確率)の2つのポイントを例題を見ながら計算のプロセスまでじっくりと解説します。とくに余事象を活用できるようになれば「少なくとも」という条件がつく確率問題は楽に計算できるようになります。

2-2 確率の計算きほん_01

確率の基本的な計算ができるようになりましょう。このズーミングではコイン、サイコロ、くじ、カードなどを例にとって基本的な計算の仕方を図解します。一番大事なポイントは、場合の数を正確に数えて、確率の分母と分子に当てはめること。そのためにコインやクジなど一見見た目の区別がつかないものでも、1つ1つを区別して考えるという視点も必要なのです。