1-1 単項式と多項式

文字式の計算 単項式と多項式

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。
超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。
中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

この教材をご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。
ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。
有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-1 場合の数キホン_01

場合の数とは、ものごとが起こるときに全部で何通りあるかを規則的に正しく数えることです。サイコロやコインを投げたときの出方、じゃんけんで出す手、カードやくじを引くときなど、すべてこの場合の数のルールに従って数えなければいけません。最初に、樹形図や表で規則的に数える方法そして「和の法則」という重要な考え方について学習します。

1-1 平行線と角

平行線と角の関係から図形問題を解くために錯角、同位角、対頂角などが分かります。平行線と角から分かる原理を理解することで、特に図形の応用問題を解くためひ必要なヒントを見つけることができるようになります。これは高校入試でも実際によく使われる原理なので、ズーミングの図解学習で使いこなせるようになりましょう。

式の計算01 式の値

高校入試の問題で、最初のほうに出てくる計算問題の1つに文字式の計算があります。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(神奈川,茨城,青森,三重)問題を解説しています。

1-2 放物線のグラフと変域

二次関数のグラフの見方をマスターしよう!放物線のかたちをした二次関数のグラフではXの変域がどの位置にあるかによって、Yの最大値・最小値の決まり方もパターン分けされます。また、二次関数の係数aがプラスかマイナスかによっても、最大値・最小値のパターンが決まります。