1-1 単項式と多項式

中2数学 文字と式

文字と式 単項式と多項式のちがいが分かるようになろう

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが、中学2年で習う文字式の計算。

超図解ズーミングでは、まず単項式と多項式という言葉の意味を覚えてもらいます。
その後で、中1より少しレベルアップした文字式の計算方法を解説していきます。

中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。
自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、
高校受験も視野に入れて、基礎学力を伸ばしましょう。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中2数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-2 ねじれの位置

空間図形には、ねじれの位置という位置関係にある直線があって、四角柱などの立体の中でねじれの位置にある直線をもとめるような問題がテストではよく出るよ。ポイントは消去法。当てはまらないものを消していって、最後に残ったものが答えであるという考え方でいけば、かならず正解できるよ。

二次関数04 文章問題

長い文章を読ませる二次関数の文章問題です。ピザ屋の商品のサイズと値段の関係を関数で表す文章が載っています。この中からヒントを探して問題を解いていくことになります。問題の設定が学校生活とあまり関係ない話なので、イメージしにくいかもしれませんが、中学数学の関数の知識をただしく理解できていれば大丈夫です。

1-1 度数分布表 ヒストグラム

【資料の分析と活用】一見するとかなりつまらなそうですが、分析には必ず「なぜ?」や「何が知りたいの?」という理由や目的があり、それを知るための道具が様々な表やグラフなのです。特殊な表・グラフを活用することで、数字だけでは分からないことを私たちに気づかせてくれます。

2-1 因数分解の計算パターン

計算能力を鍛えるポイントは、基礎的な計算練習を何度も繰り返すこと。というわけで因数分解の計算パターンを網羅した計算ドリルを用意しました。紙と鉛筆を使わずに、頭の中だけで計算ができるか?ということに注意してトライしてみよう。式に書かれた数字を見たら、一瞬で数字の組み合わせが思い浮かんでくることを目指そう!