1-4 データの散らばり 範囲

中1数学 資料の分析と活用

資料の活用と分析〜代表値と範囲について〜

データの散らばり(分布)を数字で表現する方法を知ろう

平均値・中央値・最頻値などの代表値の計算方法を覚えさえすれば、
資料の分析のテストや問題を解けるようになります。

しかし、超図解ズーミングではもう少し代表値について考えてみます。
代表値を使いこなすためには、資料で与えられたデータの全体像を理解して、
どの代表値を使うのがふさわしいか?という判断もできなくてはいけません。

その判断のポイントになるのが、「データの散らばり=分布」とそれを数値で表現する「範囲」なのです。

  • 超図解ズーミングによる解説

「Start Prezi」ボタンを押すと、自分のペースに合わせて1コマずつ再生・巻き戻ししながら反復学習できます。

会員登録はコチラ
この教材をご利用いただくには「中1数学プラン」の会員登録が必要です。
ご希望の方は、料金プランをご確認のうえ、登録してください。
会員登録はコチラ

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-1 方程式とは?

【方程式】中学1年で習う方程式が分からない人、先取りで勉強したい人のための教材です。方程式は=(等号)で結ばれた左右の2つの辺があって、文字に当てはまる数字を求める計算をおこないます。慣れるまでは左右がつり合うてんびんをイメージするとよいでしょう。

1-1 度数分布表 ヒストグラム

【資料の分析と活用】一見するとかなりつまらなそうですが、分析には必ず「なぜ?」や「何が知りたいの?」という理由や目的があり、それを知るための道具が様々な表やグラフなのです。特殊な表・グラフを活用することで、数字だけでは分からないことを私たちに気づかせてくれます。

平行線と角01

「三角形の外角はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」この過去の問解説を繰り返し見て、言葉ではなかなか意味を理解するのが難しい、この定理をしっかりと暗記しましょう。同位角、錯角という用語で覚えると難しく感じますが、超図解ズーミング数学で学べば、とても当たり前なことを言っているだけだと実感できますよ。