1-4 データの散らばり 範囲

資料の活用と分析

代表値と範囲について

平均値・中央値・最頻値などの代表値の計算方法を覚えさえすれば、
資料の分析のテストや問題を解けるようになります。
しかし、超図解ズーミングではもう少し代表値について考えてみます。
代表値を使いこなすためには、資料で与えられたデータの全体像を理解して、
どの代表値を使うのがふさわしいか?という判断もできなくてはいけません。
その判断のポイントになるのが、「データの散らばり=分布」とそれを数値で表現する「範囲」なのです。

  • 超図解ズーミングによる解説

この教材をご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。
ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。
有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

1-2 有理数と無理数

有理数と無理数がつくる、数字の仕組みについて解説します。平方根の分野で急に登場した無理数。ここでは中学校の数学で使用する数の種類をいちど整理します。自然数、整数、分数、小数などで構成され分数で表現できる有理数と、分数で表現できない無理数について学習しましょう。

1-2 平方根で解く方法

二次方程式は解の公式さえ使えば計算で解くことができる。だけど公式自体が複雑だし計算ミスもしそうだから、もう少し簡単な方法で対処できるなら、そっちを使いたいよね。その時にポイントになるのが、平方根をうまく使うこと。名付けて平方作戦。ズーミングで平方根をうまく利用した計算方法をマスターできると計算問題をより速く解けるようになるよ。

2-3 逆数の計算

【逆数の計算】小学校の算数でも習った逆数の復習です。かけたら1になる数同士のことを逆数といいますが、なぜ中学でも逆数のことを覚えておかなければならないのでしょうか?その理由は「中学からの数学では、わり算をつかわなくなるから」です。わり算と同じ計算をするために、逆数をつかったかけ算をマスターしておく必要があるのです。

一次関数03 図形問題

一次関数の過去問 問題と解説その3 北海道で出題された一次関数の過去問です。交点を求める単純な問題から始まりますが、途中からグラフを図形として観察し、辺の長さを求める視点が必要な問題です。問題文はあっけないほど短いのですぐに解けそうですが、意外と時間がかかります。ぜひチャレンジしてみましょう。