2-1 式の値の求め方

文字式の計算 式の値

文字式の計算のテストで必ず出る、
xやyに数字をいれて式の値をもとめる問題。
攻略のカギはとにかく計算を楽にすること。
そうすれば計算ミスをなくし、ムダな時間をかけずに正解できます。

  • 超図解ズーミングによる解説

この教材をご利用いただくには有料プランのご登録が必要です。
ご希望の方は、中学数学・高校入試対策プランのご登録をお願いいたします。
有料プランに登録済みの方は、ログインしてからご利用ください。

Prezi ビューア

Prezi ビューア
開発元:Prezi Inc.
無料

関連ズーミング

式の計算02 式の値

高校入試数学で最初のほうに出てくる計算問題の1つが文字式の計算です。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(富山,埼玉,愛知,大阪)問題を解説しています。

1-1 文字と式

【文字と式】小学校までは「分からない数」があると丸や四角などの記号で表したり、xやyなどのアルファベットで置きかえることを習いましたが、中学校で習う数学では、アルファベットの文字だけを使います。文字と数字を同時に使うときには式の書き方にいろいろルールがあります。まずはそのルールを覚えて、次に文字と数字で式をつくることにも慣れていきましょう。