一次関数

1-2 変化の割合と変域

一次関数の「変化の割合」と「変域」について理解しよう。YとXの一次関数では変化の割合とはXが一定の量変化したときに、それに比例してYがどれくらい増えるのか?ということです。また変域とは、一次関数のグラフのXとYがどこからどこまでの範囲の数値をとるのか?という意味です。それぞれ関数の式とグラフと両方から意味を理解しましょう。

1-3 一次関数の求め方

【一次関数の式を求める時の計算パターン】一次関数の式の求めるということは、y=ax+bのaとbに入る数字を計算するということ。中学校の定期テストの計算問題などでよく出る問題ですが、覚えるべき計算のパターンは少ないので、繰り返し練習すれば慣れますよ。この教材ではまず計算パターンを超図解ズーミングで記憶してしまいましょう。

1-4 一次関数のグラフと方程式

【一次関数】グラフと連立方程式の関係について 連立方程式の解は一次関数の2つのグラフの交点の座標になる。この両者の関係をビジュアルで理解しておけばテストの問題も自信をもって計算できて、グラフも正確にかけるようになります。