中2数学

中2数学

中2基本 連立方程式1-2 代入法と加減法

【連立方程式の計算】連立方程式は正しい計算方法を覚えないと絶対に正解できません。その方法とは代入法と加減法の2パターン。代入法は一次方程式で習った移項を、加減法は最小公倍数を使います。そうする理由は、文字を1つ消去して、文字1つだけのカンタンな方程式にして計算しやすくするためです。まずは代入法と加減法をしっかりマスターしましょう。

中2基本 一次関数1-2 変化の割合 変域

一次関数の「変化の割合」と「変域」について理解しよう。YとXの一次関数では変化の割合とはXが一定の量変化したときに、それに比例してYがどれくらい増えるのか?ということです。また変域とは、一次関数のグラフのXとYがどこからどこまでの範囲の数値をとるのか?という意味です。それぞれ関数の式とグラフと両方から意味を理解しましょう。

中2基本 文字式の計算1-1 単項式と多項式

中学1年でも学習した文字と式の計算がレベルアップしたものが中学2年で習う文字式の計算。最初の単項式と多項式という言葉を覚えてもらいます。その後で中1より少しレベルアップした文字式の計算問題が解けるための計算方法を勉強していきます。中学1年の知識を忘れているとついていけなくなり数学の成績が下がる可能性もあります。自信がない人は中1の分野もズーミングで素早く復習して、高校受験に向けて基礎学力を伸ばしましょう。

中2基本 確率2-4 確率の計算きほん03

確率の基本的な計算のズーミングの3つ目の教材です。 ここでは多くの中学生が混乱する、確率問題の玉の数え方を説明します。赤色の玉が3個で青色の玉が4個...みたいな問題は1つ1つの玉に番号をつけるイメージで区別することが場合の数を正しく数えるために必要です。なぜそれが必要かというと、「同様に確からしい」という条件があるからですね。正しい方法を身につけるまで何度も繰り返してズーミングしてください。

中2基本 確率2-1 同様に確からしい

「同様に確からしい」ってなんだろう?確率問題の文章に必ずと言っていいほど書いてあるけど、何回読んでも日本語の意味がよく分からないフレーズですね。このズーミングでは、初めに確率とは何かを説明したあとで、「同様に確からしい」の意味となぜそれが必要なのか?について解説しています。この呪文のようなフレーズに混乱しないで、確信をもって確率問題に立ち向かえるようになってください。

中2基本 確率1-2 場合の数キホン02

確率によく出るテーマを使って、規則的に数えることを理解しましょう!場合の数の2個目のズーミングではサイコロやコイン、じゃんけんなどの問題を使って実際に数え方を勉強していきます。樹形図も使いますが、ポイントは「積の法則」です。積の法則を使うことで場合の数を数える計算を素早くできるようになるので、ぜひ使い方をマスターしてください!

中2基本 確率1-1 場合の数キホン01

場合の数とは、ものごとが起こるときに全部で何通りあるかを規則的に正しく数えることです。サイコロやコインを投げたときの出方、じゃんけんで出す手、カードやくじを引くときなど、すべてこの場合の数のルールに従って数えなければいけません。場合の数①のズーミングは基礎的な内容で、樹形図や表で規則的に数える方法そして「和の法則」という重要な考え方について学習します。 場合の数はまさに確率問題の登竜門です。問題の内容にしたがって、規則的に数えることができれば必ず正解できるのが確率です。

中2基本 一次関数1-3 一次関数の求め方

【一次関数の式を求める時の計算パターン】一次関数の式の求めるということは、y=ax+bのaとbに入る数字を計算するということ。中学校の定期テストの計算問題などでよく出る問題ですが、覚えるべき計算のパターンは少ないので、繰り返し練習すればすぐに慣れることができます。この教材ではまず計算パターンを右脳数学で記憶してしまいましょう。

中2基本 連立方程式1-1 連立方程式とは

連立方程式とは? 名前からして難しそうな連立方程式。でも方程式の定番、テンビンがつり合うイメージをもって考えればかならず理解できます。この教材では連立方程式を使わなければ正解できない計算問題があること、正しい計算方法で解かないと時間をムダにするだけだということを知ってもらいたいと思います。その後で別の右脳数学の教材で正しい計算方法を理解しましょう。

中2基本 一次関数1-4 グラフと方程式

一次関数のグラフと連立方程式を理解しよう 連立方程式の解は一次関数の2つのグラフの交点の座標になる。この両者の関係をビジュアルで理解しておけばテストの問題も自信をもって計算できて、グラフも正確にかけるようになります。覚えるべき計算パターンは少ないので完全暗記してしまおう。