関数

二次関数04 文章問題

長い文章を読ませる二次関数の文章問題です。今回は群馬県で出題された過去問の解説です。ピザ屋の商品のサイズと値段の関係を関数で表す文章が載っています。この中からヒントを探し出してそれぞれの問題を解いていくことになります。問題の設定が学校生活とあまり関係ない話なので、イメージしにくいかもしれませんが、中学数学の関数の知識をただしく理解できていれば大丈夫なレベルの問題です。

二次関数03 文章問題

かなり長い文章の二次関数の過去問です。長野県で出題されました。テーマは自動車のブレーキの実験ですが、最後まで読むと二次関数の理解度を試す問題だということがわかります。問題文の中に、答えをみちびくためのヒントがかくされているので上手く探してきて計算するという流れになります。小学校で習った時間・速さ・距離の計算も当たり前にできたうえで、文章を読み解いて二次関数の計算をしなければなりません。

二次関数02 変化の割合

二次関数の式・グラフをみて変化の割合を正確に求めることができるようになろう!変化の割合は一次関数でも習ったし、そのときはグラフの傾きと常に等しいということを覚えました。しかし二次関数ではグラフの場所によって変化の割合の数値も変わります。これは絶対暗記すべき二次関数のグラフの性質です。

二次関数01 変域

二次関数のグラフの見方をしっかり理解して、変域を正確に求めることができるようになろう。中学で習う二次関数のグラフは上向きと下向きの2つがあるけど、それぞれの最大値、最小値や、X軸がプラスの数の範囲、マイナスの数の範囲かによっても、Yの値の増加・減少のパターンが変化します。このルールさえ理解すれば、変域の問題は楽勝ですよ!

一次関数03 図形問題

一次関数の過去問 問題と解説その3 北海道で出題された一次関数の過去問です。交点を求める単純な問題から始まりますが、途中からグラフを図形として観察し、辺の長さを求める視点が必要な問題です。問題文はあっけないほど短いのですぐに解けそうですが、意外と時間がかかります。ぜひチャレンジしてみましょう。

一次関数02 グラフの交点

一次関数の過去問 問題と解説その2 比例と反比例のグラフ、一次関数のグラフの交点や座標を求める高校入試数学の過去問です。たいていの場合は問題文に座標や傾き、切片の数値が書いてあるのでグラフを表す関数の式に代入できれば解答は出てくるシンプルな問題です。

一次関数01 変域

一次関数の過去問 問題と解説その1 今回は変域・値の範囲を求める問題がメインです。一次関数は直線のグラフになるので変域は両端にある数値を求めれば答えが出せます。中級レベルの入試問題になると、図形の性質と組み合わせて考えさせる内容がよく出題されるので平行線の錯角や対頂角などの性質や三角形の性質なども思い出しながら解けるかどうかがポイントですよ。