関数

式の計算02 式の値 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試数学で最初のほうに出てくる計算問題の1つが文字式の計算です。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(富山,埼玉,愛知,大阪)問題を解説しています。

文字と式02 高校入試数学過去問対策 問題と解説

文章を読み取って文字式を作る力をつけよう。文字式を作る訓練を積みながら、問題文からヒントを見つけ出すコツを身につけてください。文字式作りは一次方程式、二次方程式、連立方程式問わず、方程式の文章題を攻略するための基本的な技術です。何度も繰り返し文字式を作る練習をしましょう。実際に高校入試数学で出題された(佐賀,沖縄,香川,栃木,高知,和歌山)文字式の応用問題を解説しています。答えを覚えるのではなく、文章題を解く流れをまるごと暗記してください。

式の計算01 式の値 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試の問題で、最初のほうに出てくる計算問題の1つに文字式の計算があります。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(神奈川,茨城,青森,三重)問題を解説しています。

二次関数04 文章問題 高校入試数学過去問対策 問題と解説

長い文章を読ませる二次関数の文章問題です。今回は群馬県で出題された過去問の解説です。ピザ屋の商品のサイズと値段の関係を関数で表す文章が載っています。この中からヒントを探し出してそれぞれの問題を解いていくことになります。問題の設定が学校生活とあまり関係ない話なので、イメージしにくいかもしれませんが、中学数学の関数の知識をただしく理解できていれば大丈夫なレベルの問題です。

二次関数03 文章問題 高校入試数学過去問対策 問題と解説

かなり長い文章の二次関数の過去問です。長野県で出題されました。テーマは自動車のブレーキの実験ですが、最後まで読むと二次関数の理解度を試す問題だということがわかります。問題文の中に、答えをみちびくためのヒントがかくされているので上手く探してきて計算するという流れになります。小学校で習った時間・速さ・距離の計算も当たり前にできたうえで、文章を読み解いて二次関数の計算をしなければなりません。

二次関数02 変化の割合 高校入試数学過去問対策 問題と解説

二次関数の式・グラフをみて変化の割合を正確に求めることができるようになろう!変化の割合は一次関数でも習ったし、そのときはグラフの傾きと常に等しいということを覚えました。しかし二次関数ではグラフの場所によって変化の割合の数値も変わります。これは絶対暗記すべき二次関数のグラフの性質です。

二次関数01 変域 高校入試数学過去問対策 問題と解説

二次関数のグラフの見方をしっかり理解して、変域を正確に求めることができるようになろう。中学で習う二次関数のグラフは上向きと下向きの2つがあるけど、それぞれの最大値、最小値や、X軸がプラスの数の範囲、マイナスの数の範囲かによっても、Yの値の増加・減少のパターンが変化します。このルールさえ理解すれば、変域の問題は楽勝ですよ!

文字と式01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

文章を読み取って文字式を作る力をつけよう。文字式を作ることを方程式の文章問題で必要な基礎です。方程式の計算問題は解けるけど、文章題は苦手という人のほとんどが文章から文字式を作ることに苦手意識を持っていますが、コツをつかめば問題文の中にあるヒントを素早く見つけて文字式を作ることができるようになります。高校入試数学で出題された(岩手,大分,愛知,福島,香川,長崎)、文字式の応用問題を解説しています。

一次関数03 高校入試数学過去問対策 問題と解説

一次関数の過去問 問題と解説その3 北海道で出題された一次関数の過去問です。交点を求める単純な問題から始まりますが、途中からグラフを図形として観察し、辺の長さを求める視点が必要な問題です。問題文はあっけないほど短いのですぐに解けそうですが、意外と時間がかかります。ぜひチャレンジしてみましょう。

図形と規則性03 高校入試数学過去問対策 問題と解説

図形と規則性、ヒントは直前の問題にあり!!図形と規則性の過去問です。今回紹介する問題も、自分の方程式を作りだす数学力が受験生にあるのかどうかを見極めようという狙いがビシビシ伝わってくる問題です。ムダな時間を使わずに全問正解するためのヒントは、直前の問題にあります。