空間図形

水と容器の問題02

容器に水を入れる高校入試数学の過去問解説 群馬県と愛知県で出題された問題の解き方を説明しています。文章と図をみれば相似な図形があることが確認できるので、問題を解くカギは相似比と体積比の関係を使うことだなと気づくことができます。この他にすばやく計算するテクニックも紹介しているので、ぜひ使えるようになってください。

1-2 ねじれの位置

空間図形には、ねじれの位置という位置関係にある直線があって、四角柱などの立体の中でねじれの位置にある直線をもとめるような問題がテストではよく出るよ。ポイントは消去法。当てはまらないものを消していって、最後に残ったものが答えであるという考え方でいけば、かならず正解できるよ。

1-1 展開図

苦手な人が多い空間図形。とくに展開図と立体の関係はイメージしにくいし、点や辺の位置関係を結びつけるのは大変な作業だね。そういう時は一部分だけを見て、順番に解き明かしていくのが確実な方法だよ。そのためのテクニックをズーミングで紹介しているので、がんばって覚えよう。