相似

1-1 三角形の相似条件

【三角形の相似条件】ひっくり返したり、回転させたり、拡大・縮小したらぴったりと重なる図形同士のことを「相似」な図形といいます。教科書では最初に三角形が登場するけど、本当は円や四角形など他の図形にも当てはまります。ただ相似を使った問題を作るときに三角形が題材として使いやすいのでよく登場します。