樹形図

中2数学 基本 確率1-1 場合の数キホン01

場合の数とは、ものごとが起こるときに全部で何通りあるかを規則的に正しく数えることです。サイコロやコインを投げたときの出方、じゃんけんで出す手、カードやくじを引くときなど、すべてこの場合の数のルールに従って数えなければいけません。場合の数①のズーミングは基礎的な内容で、樹形図や表で規則的に数える方法そして「和の法則」という重要な考え方について学習します。 場合の数はまさに確率問題の登竜門です。問題の内容にしたがって、規則的に数えることができれば必ず正解できるのが確率です。