文字式

式の計算02 式の値 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試数学で最初のほうに出てくる計算問題の1つが文字式の計算です。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(富山,埼玉,愛知,大阪)問題を解説しています。

文字と式02 高校入試数学過去問対策 問題と解説

文章を読み取って文字式を作る力をつけよう。文字式を作る訓練を積みながら、問題文からヒントを見つけ出すコツを身につけてください。文字式作りは一次方程式、二次方程式、連立方程式問わず、方程式の文章題を攻略するための基本的な技術です。何度も繰り返し文字式を作る練習をしましょう。実際に高校入試数学で出題された(佐賀,沖縄,香川,栃木,高知,和歌山)文字式の応用問題を解説しています。答えを覚えるのではなく、文章題を解く流れをまるごと暗記してください。

式の計算01 式の値 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試の問題で、最初のほうに出てくる計算問題の1つに文字式の計算があります。xやyなどの文字に入る数値が問題の中で示されており、それを式に代入して答えを求めます。入試では1秒でも速く解くことが必要なので、単純な計算問題は少しでも楽に、計算ミスをせずに解くテクニックを身に着けなければいけません。一問あたり50秒以内で解けるようになりましょう。このズーミングでは、実際に入試で出題された(神奈川,茨城,青森,三重)問題を解説しています。

文字と式01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

文章を読み取って文字式を作る力をつけよう。文字式を作ることを方程式の文章問題で必要な基礎です。方程式の計算問題は解けるけど、文章題は苦手という人のほとんどが文章から文字式を作ることに苦手意識を持っていますが、コツをつかめば問題文の中にあるヒントを素早く見つけて文字式を作ることができるようになります。高校入試数学で出題された(岩手,大分,愛知,福島,香川,長崎)、文字式の応用問題を解説しています。

中1基本 文字と式1-3 かけ算わり算

【文字と式 かけ算わり算】文字式のたし算ひき算を覚えたら、最後にかけ算わり算の計算ルールを覚えましょう。ポイントは「分配法則」をしっかり使いこなすことですが、ズーミングをくりかえし見て勉強すれば苦手な人でも頭の中でイメージできるようになり、テストや入試の問題で色々な文字式を見ても基本を守って計算すれば必ず解けます

中1基本 文字と式1-2 たし算ひき算

【文字と式 たし算ひき算】文字と数字で式を表すことを習ったら、次は文字式の計算です。まず文字式のたし算、ひき算の計算方法を紹介します。たし算ひき算をマスターしたら、文字式のかけ算わり算へと続いていきます。苦手な人はズーミングでしっかり完全暗記して、テストや宿題で頭の中に計算方法がイメージできるまで何度もくりかえして覚えましょう。

方程式 文章問題04 高校入試数学過去問対策 問題と解説

方程式の文章題攻略第2弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおう。方程式の文章問題は、コツさえつかめばどんなパターンでもどんとこい。1次方程式、2次方程式、連立方程式、全部まるっと暗記してしまいましょう。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずですよ。

方程式 文章問題03 高校入試数学過去問対策 問題と解説

方程式の文章題攻略第2弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおう。方程式の文章問題は、コツさえつかめばどんなパターンでもどんとこい。1次方程式、2次方程式、連立方程式、全部まるっと暗記してしまいましょう。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずですよ。

方程式 文章問題02 高校入試数学過去問対策 問題と解説

方程式の文章題攻略第2弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおう。方程式の文章問題は、コツさえつかめばどんなパターンでもどんとこい。1次方程式、2次方程式、連立方程式、全部まるっと暗記してしまいましょう。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずですよ。

方程式 文章問題01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試でも必ずと言っていいほど出題される方程式の文章題。どうすれば苦手な方程式の文章題をやっつけられるのでしょう。その答えは「慣れる」につきます。わかりやすい授業を聞くより、わかりやすい参考書を読むより、1問でも多くの問題に触れ、そのすべてを暗記していきましょう。まる覚え。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずです。