平面図形

円の中の角度03

円の中の角度を求める入試過去問の解説です。高校入試では頻出の分野です。円周角の定理や三角形の性質、平行線と角など中学校の図形分野で学ぶ知識を幅広く使わないと答えが出ない問題ばかりです。超図解ズーミング数学のビジュアル解説で解き方を楽しく暗記し、反復練習でテクニックを吸収してください。

円の中の角度02

円の中の角度を求める図形の入試過去問の解説です。円周角の定理や三角形の性質、平行線と角など中学校の図形分野で学ぶ知識を幅広く使わないと答えが出ない問題ばかりです。超図解ズーミング数学で解き方を楽しく暗記して、反復練習でテクニックを吸収してください。

1-1 三角形の相似条件

【三角形の相似条件】ひっくり返したり、回転させたり、拡大・縮小したらぴったりと重なる図形同士のことを「相似」な図形といいます。教科書では最初に三角形が登場するけど、本当は円や四角形など他の図形にも当てはまります。ただ相似を使った問題を作るときに三角形が題材として使いやすいのでよく登場します。

2-1 三角形の合同条件

【三角形の合同条件】 同じカタチと大きさの図形同士のことを、数学的に説明したものが合同で、その中でよく出るのが三角形の合同条件。高校受験数学では、合同を相似や円、二次関数などと組み合わせて出題されることがよくあります。合同が成り立つ条件を図解で覚えましょう。

3-1 特殊な三角形の性質

図形の中でも特殊な性質をたくさん持つのが三角形。シンプルだけど奥が深くて面白いから、テストや高校入試の問題も作りやすいんですね。三角形の性質は、入試の数学では一次関数、二次関数や円など色々な分野と組み合わせで出題されます。繰り返し学習して、三角形の特殊な性質を理解したら、図形問題がもっと得意になりますよ。

1-1 平行線と角

平行線と角の関係から図形問題を解くために錯角、同位角、対頂角などが分かります。平行線と角から分かる原理を理解することで、特に図形の応用問題を解くためひ必要なヒントを見つけることができるようになります。これは高校入試でも実際によく使われる原理なので、ズーミングの図解学習で使いこなせるようになりましょう。