平行

平面図形 平行線 角度を求める04 高校入試数学過去問対策 問題と解説

「続・平行線と三角形が組み合わせで出題されるパターン」 平行線は同位角や錯角、長さの比などに特徴があり、その特徴と二等辺三角形や正三角形などの特殊な三角形を組み合わせると一見複雑な感じに見えるので、入試でもよく出題されるパターンです。でも落ち着いて、それらの特徴を組み合わせていくと問題となっている角度を上手に導くことができるね。

平面図形 平行線 角度を求める01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

「三角形の外角はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」 この高校入試過去問対策の解説を繰り返し見て、言葉ではなかなか意味を理解するのが難しい、この定理をしっかりと暗記しましょう。同位角、錯角という用語で覚えると難しく感じますが、右脳数学ズーミングで学べば、とても当たり前なことを言っているだけだと実感できますよ。