高校受験への不安 成績が伸びない時の対処法 その1

ちゃんと正しい勉強ができていますか?

中学や高校で成績の良い生徒は、ただ「頭が良い」というわけではありません。かと言って人の10倍勉強し、寝る間を惜しんで努力しているからというわけでも決してありません。

実は勉強をどれだけ頑張るかよりも、もっと大切なこと。少なくとも受験においては「勉強法」を知っているかどうかは何よりも大切なのです。

たとえばどんなに一生懸命ボールを投げる練習や、バットを振る練習をしたとしても、そもそも野球のルールや、勝つための戦略を知らなければ、それを知っている相手に勝つことはとても難しいですよね。野球に限らず、サッカーでも、将棋でも、吹奏楽コンテストでも、対戦ゲームでも同じです。必ずルールと必勝法を知っている方が勝ちます。

受験では勉強以上に勉強法が大事

これは受験も同じです。いたずらに勉強をするのではなく、受験のルールをよく知り、効率よく勉強する必要があるのです。爆速コラムでも幾度となく繰り返していますが、特に「今日は何時間勉強した」というのは、ほとんど無意味な目標設定です。

たとえば、以前紹介した「30問スプリント法」を何回やり、そのカテゴリをどれだけ完璧にしたかであって、何時間勉強したかではありません。むしろ同じ分量を5時間かけてやるよりも1時間で終わらせた方が素晴らしく、また効率的であると言えます。