① 超図解ズーミング数学のコンセプト

開発者写真_oma_ikadai

超図解ズーミング数学開発者の筏井(右)、尾間(左)

なぜ中学校の数学を動画教材で解説するのか?

2017年10月に正式オープンした「超図解ズーミング数学」は、これまでの学習サービスとはひと味違う新しい数学のオンライン教材としてにわかに注目を浴びています。

− 超図解ズーミング数学のコンセプトを教えてください

筏井(いかだい) ズーミング数学をひと言で表すと「動く参考書」です。動くと言っても、教材全体が拡大・縮小、回転、移動というこれまでにないとても面白い動きをします。
本当に楽しく、ワクワクしながら数学を学べる教材を作りたい。デジタルの強みを生かすことで、それが実現できたと思います。

− 現在スマホやタブレットを活用した動画教材がたくさんありますが

尾間(おま) 私たちが目標としている「超図解」は長々とした文章による説明をなるべく減らし、ズーミングを見るだけで、なぜこのような答えになるのかという「解法にいたる考え方」を理解してもらうことにあります。流行の動画教材であっても動いているのはあくまで「先生」であり、つまりは「録画した授業」です。

一方でズーミングに先生は登場せず、教材の動きそのものにも意味があるので、余計な文章も極力省かれています。だから、1教材を学ぶのも数分で完了するのだけど、中身の濃さというか、ボリュームそのものは従来の動画授業と変わらないんです。

− 利用している中学生からの反応はどうですか

筏井 まだサービスを開始して間もない状態ですが、反応は日に日に増えています。大変ありがたいことに「数学嫌いだった中3の息子が、これなら数学の勉強ができると言ってくれました」と言うような喜びの声が多数届いています。

「数学が苦手な中学生でも、集中しながら学習できる」というコメントもありました。特に高校受験を控えたご父兄からのメッセージが多いですね。

− 超図解ズーミングを開発しようと思ったきっかけは

筏井 私は以前米マイクロソフト社(日本法人)にテクノロジースペシャリストとして勤務していました。プレゼンテーションのプロフェッショナルとして、難しい技術や新しいソフトウェアの価値を多くの人に、わかりやすく伝えることを仕事としていました。

そこでプレゼンテーションの技術を培ってきました。その後、故郷富山県高岡市で独立しました。ズーミング開発のパートナーとなる尾間と出会ったのは3年ほど前ですが、1年ほど前にズーミングのアイディアを話したところ、とても共感してくれて、一緒に開発することになりました。

− 超図解ズーミング数学のコンセプトのどこに共感したのですか

尾間 筏井からズーミングの構想を聞いた時、目からウロコが落ちました。私自身、数学は好きな方でしたが、筏井から教材のプロトタイプを見せてもらった時は衝撃を受けました。

数学が好きな人の頭の中に描いているイメージがそのまま外に飛び出してきたような感覚でした。その時にズーミングは教育コンテンツのあり方を変える力を持っていると確信しました。

ズーミングの図解で中学数学の正しい解き方を身につけてほしい

筏井 私が持っているズーミングプレゼンテーションの技術と、尾間さんが持っている塾なしで地方の公立中高から現役で東京大学に合格した数学のテクニックや受験勉強のノウハウを組み合わせることで、超図解ズーミング数学はとてもユニークな学習教材になったと思います。
答えだけではなくて、そこに届くまでの道のりを図解で示せるのがいいですね。

− どんな方に使って欲しいですか

尾間 中学生はもちろんのこと、高校生が今一度中学校の数学をおさらいするために活用して頂くこともできますし、数学が大好きな小学生が中学の数学にチャレンジしてみることも面白いかもしれません。何を隠そう、ズーミングの教材は筏井さんの小学校6年生の娘さんに監修してもらっています(笑)。

小学生にもわかるように呆れるほど徹底的に図解したズーミングは、これまでにない学習体験で中学数学を楽しんでもらいながら、成績も伸ばすことができます。

− 受験対策にも使えますか

尾間 もちろんズーミング数学は受験にも照準を合わせています。入試の過去問題は比較的入手はし易いですが、一般的な書籍の問題集では解説がそれほど丁寧ではないため、正しい解き方を理解しにくいです。「どうしてこの問題を解けなかったのか?」という疑問を解消するのが受験勉強の王道なのに、紙の参考書ではそれが難しいのが現状です。私たちは各都道府県の公立高校受験で実際に出題された問題を分析し、頻出問題を図解しています。

受験勉強において必須である過去問対策をズーミングで行うことで、問題のパターンに応じた「正しい解き方」を効率的に身につけることができます。

− 今後の展望を教えてください

尾間 まずは超図解ズーミングを全国の中学生に知って頂き、数学の学習に活用して欲しいと思います。無料で閲覧できる動画教材もたくさん用意してあります。それで少しでも数学が好きになってくれたら嬉しいです。

筏井 世界では Education Technology(通称 EdTech)が百花繚乱で様々なデジタル教材が登場し、世界の子どもたちはこれまでにない学習体験によって、驚くべきスピードで学力を高めています。ひるがえって日本を見渡すと、なぜか勉強となると黒板とチョーク、紙と鉛筆という50年前、100年前と変わらない学習ツールに誰も疑問を持っていないように思います。

私たちは超図解ズーミングを通じて、デジタルが持つ可能性を引き出し、これまでとは違う勉強のあり方を広めていきたいと考えています。

開発者に聞く