学習管理シート

ズーミング学習管理シートとは?

学校の勉強における王道は反復学習、つまり何度も同じ教材でくり返し学ぶことです。
ズーミング開発者自身が、自らの受験勉強や社会人になってからの資格取得の勉強の経験を通じて反復学習の大切さに気づきました。勉強で自分が望む結果を出したときは反復学習を実施していました。一方で上手くいかなかったときはついつい色んな教材に手を出したりしてどれも中途半端な状態でした。

私たちが大人になってから気づいた事を今の子どもたちに知ってもらい、成果の出る勉強法を実践してもらいたい。
そのために復習を定期的に行う学習サイクルを意識できるようになるためのシートをご用意しました。

ズーミング学習管理シートを反復学習にお役立てください!

無料でダウンロードできる「ズーミング学習管理シート」を活用することで、最適な復習のタイミングを知ることもできます。
学習管理シートに従えば、次に何をすべきか見えてきます。特に受験勉強では苦手な領域を避け、好きなところばかり勉強して、学力がついたように勘違いしてしまいがちですが、シートに従うことで、自分の弱点や苦手な領域も積極的に克服することができるようになります。

学習管理シート ダウンロード

学習管理シートの使い方

無料でダウンロードできる学習管理シートの使い方について説明します。シートは次のようなシンプルな構成になっています。

ズーミング学習管理シート画像

学習管理シートは高校入試対策のための過去問解説教材と、教科書で習う中学校数学教材の2種類に分けて用意してあります。
基本的な使い方は同じです。1回目に勉強した日から計算して1日後、3日後、1ヶ月後の日付をあらかじめ記入しておきます。そしてその日が来たらまた同じ教材で勉強する。これを地道にやることで復習を定期的におこなって記憶を強化することができます。

高校入試対策用の学習管理シート

高校入試対策用の学習管理シートは次のように使います。

  1. 過去問名称の欄に、勉強する教材のタイトルを記入する
  2. 勉強を始める前に、復習のタイミングを表にしたがって日付をかく
  3. 直後は、1日の勉強を終えるとき、または他の科目の勉強にきりかわるときなど。
  4. 正誤の欄には、◯、△、✕の3つのどれかを記入する

◯ 問題を読んだだけで、頭の中で解法がイメージできた。2分以内に正解できた
△ 問題を読んだあと、しばらく考えたら正解できた。5分以内に正解できた
× 5分以上考えたけど、解法が思いつかなかった

中学校数学用の学習管理シート

中学校数学の解説用の学習管理シートは次のように使います。

  1. 過去問名称の欄に、勉強する教材のタイトルを記入する
  2. 勉強を始める前に、復習のタイミングを表にしたがって日付をかく
  3. 復習をおこなったら、実施の欄に◯をつけていく
  4. 直後は、1日の勉強を終えるとき、または他の科目の勉強にきりかわるときなど。

ぜひ復習の習慣を身につけてください

ズーミング学習管理シートを活用して、ぜひ反復学習の習慣を身につけてください。
シートそのものは単純なものですが、超図解ズーミング数学の教材の利用者の皆さまに習慣の習慣を獲得してもらうための助けになることと思います。具体的な復習のやり方については、他のページで紹介しているので是非そちらもお読みください。

学習管理シート ダウンロード