無料ズーミング

容器に水を入れる問題01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

静岡県で出題された、空間図形の容器に水を入れる問題の過去問解説です。わざと分かりにくい図で受験生を混乱させようという狙いが感じられる内容なので、立体の図形を色々な角度から見る想像力が試されます。ポイントになるのは、相似比と立体の体積の公式です。

円の中の角度01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

円の中に描かれた図形の角度を求める高校入試過去問の解説です。円周角の定理や三角形の性質、平行線と角など中学校の図形分野で学ぶ知識を幅広く使わないと答えが出ない問題ばかりです。右脳数学ズーミングでは解き方を楽しく完全暗記できるので、何度も繰り返し見てテクニックを吸収してください。

平行線と角01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

「三角形の外角はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」 この高校入試過去問対策の解説を繰り返し見て、言葉ではなかなか意味を理解するのが難しい、この定理をしっかりと暗記しましょう。同位角、錯角という用語で覚えると難しく感じますが、右脳数学ズーミングで学べば、とても当たり前なことを言っているだけだと実感できますよ。

方程式 文章問題02 高校入試数学過去問対策 問題と解説

方程式の文章題攻略第2弾!みんな苦手な方程式の文章題を得点源に変えてしまおう。方程式の文章問題は、コツさえつかめばどんなパターンでもどんとこい。1次方程式、2次方程式、連立方程式、全部まるっと暗記してしまいましょう。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずですよ。

方程式 文章問題01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

高校入試でも必ずと言っていいほど出題される方程式の文章題。どうすれば苦手な方程式の文章題をやっつけられるのでしょう。その答えは「慣れる」につきます。わかりやすい授業を聞くより、わかりやすい参考書を読むより、1問でも多くの問題に触れ、そのすべてを暗記していきましょう。まる覚え。たくさんの問題をまる覚えした時に、新しい問題に出くわしたら、その時に自分がどれだけ力をつけているかが実感できるはずです。

文字と式01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

文章を読み取って文字式を作る力をつけよう。文字式を作ることを方程式の文章問題で必要な基礎です。方程式の計算問題は解けるけど、文章題は苦手という人のほとんどが文章から文字式を作ることに苦手意識を持っていますが、コツをつかめば問題文の中にあるヒントを素早く見つけて文字式を作ることができるようになります。高校入試数学で出題された(岩手,大分,愛知,福島,香川,長崎)、文字式の応用問題を解説しています。

図形と規則性03 高校入試数学過去問対策 問題と解説

図形と規則性、ヒントは直前の問題にあり!!図形と規則性の過去問です。今回紹介する問題も、自分の方程式を作りだす数学力が受験生にあるのかどうかを見極めようという狙いがビシビシ伝わってくる問題です。ムダな時間を使わずに全問正解するためのヒントは、直前の問題にあります。

図形と規則性02 高校入試数学過去問対策 問題と解説

【図形問題を方程式で解く!発想の転換の応用問題】図形から規則性を自分で発見するハイレベルな入試問題です。文章と図形で「何だかむずかしそう」と思ってしまいそうですね。こういう問題の鉄則は、いきなり答えを出そうとしないこと。まずは規則性を発見して、方程式を作ることで「シンプルな計算問題」に置きかえて答えを出すことができます。図形問題を、方程式の計算問題として考える。この発想ができるかどうかで、考える時間を一気に短縮することができます。

図形と規則性01 高校入試数学過去問対策 問題と解説

[問題文からルールを発見し、それを利用して正解を導く応用問題] 高校入試の数学の中でもハイレベルな応用問題です。問題文に書かれている内容をよ〜く読み込んで、自分でルールを発見し、さらにそのルールを利用して問題を解いていくことが要求されています。自分でルールそのものを見つけ出さなくてはいけない所が難しいのですが、計算は意外とシンプルで楽なものが多いです。ルールをうまく活用できないと全滅、できれば楽勝といった感じで点差が開きやすい分野でもあります。