勉強法

勉強したくない中学生,高校生のためのやる気を出す3つのポイント

中学生・高校生の受験生は必見!勉強のやる気を出すための方法を紹介します。勉強のやる気が出ない...そんな解きにモチベーションを上げる方法を知って成績,偏差値UPを目指してください。

数学問題集の使い方【何度も繰り返すことで偏差値が上がる】

数学問題集は厳選した一冊を何度も繰り返し解くことが大事です。選ぶポイントは解説が豊富で丁寧かどうかです。解説がいい加減な問題集だと、わからない問題に出会ったときに自分がどうしてそれが理解できなかったのか?という原因を見つけることができず、解けないままになるからです。そんなことでは爆速で成績や偏差値を伸ばすことはできません。

数学の学習法を見直せば、中学校の成績は上がります

学校である定期テストや実力テスト、あなたは点数だけを見て喜んだり落ち込んだりしていませんか? はっきり申し上げるとそんなことで一喜一憂するのは時間のムダです。学校のテストで何点とったかなんて、どうでもいい事です。本当に大事なことは、そのテストを受けた時点で、自分の実力・理解度はどれくらいだったのか?を客観的に把握することです。

中学1,2年必見 高校受験の準備は定期テストの見直しからスタートしよう

学校である定期テストや実力テスト、あなたは点数だけを見て喜んだり落ち込んだりしていませんか? はっきり申し上げるとそんなことで一喜一憂するのは時間のムダです。学校のテストで何点とったかなんて、どうでもいい事です。本当に大事なことは、そのテストを受けた時点で、自分の実力・理解度はどれくらいだったのか?を客観的に把握することです。

【中学生必見】成績が伸びない時は効率的な復習の仕方を身につけよう

「コールバック復習法」はズーミングが提唱する最強・最速の復習法。このテクニックを知り、実践し、一気に偏差値を上げましょう。

高校受験の市販や通信教育の問題集を活用した勉強法

中学3年の二学期ともなると、ほとんどの生徒が部活を引退し、受験ムードが一気に高まってくる時期です。ここでは超図解ズーミング数学の開発者が、高校受験用の市販や通信教育の問題集を活用したご家庭での勉強法について紹介します。ところで、問題集による学習で最初に達成すべき目標は何でしょうか?まずはその点から確認していきましょう。

高校受験の問題集の選び方で、やってはいけない失敗

中学3年の二学期ともなると受験ムードが一気に高まり、部活を引退した生徒たちも塾に通い始めたり、模試を受けたりしますね。塾に通って半強制的に勉強するのも一つの手ですが、最も成績を速く伸ばす手段は家庭学習です。その家庭学習で使う問題集を選ぶときに「これだけはやってはいけない」という事をお伝えします。

5分で勉強のやる気スイッチを入れる方法

うちの子だってやる気スイッチが入れば、もっと勉強を頑張ってくれるはずなのに..「勉強のやる気」に対して悩みを抱える受験生や保護者の方々は、まず「やる気」に対する誤解を解いてください。それは「やる気が出ないのは、勉強をしないから」ということです。

高校受験の偏差値を20上げる勉強法【自分を信じること】

偏差値は例え必死に毎日勉強を続けたとしても、上がりません。点数は上がっても偏差値は上がらない。どれだけ勉強を続けても一向に変わらない。そんな期間がずっと続きます。場合によっては数ヶ月続きます。それでも諦めずに集中して、効率的に勉強を続けていれば、ある日突然、どんな問題が来ても、解法までの道すじが綺麗に見通せるようになります。