ズーミング開発者紹介

超図解ズーミング数学の教材開発者のプロフィールについて紹介します。

筏井 哲治(いかだい てつはる)

1977年 富山県高岡市出身 東京理科大学理学部応用物理学科卒。
大学卒業後、複数の企業を経てマイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)に入社、最先端の技術やソフトウェアを日本国内で広めるテクノロジースペシャリストとして活躍。そのプレゼンテーションの技術は社内でも高く評価され、2009年にはマイクロソフト社内においてベストプレゼンターに輝く。

2009年ピアズ・マネジメント株式会社の創業に参画、取締役就任(2017年退任)、2011年故郷である富山県高岡市で株式会社高岡鳳凰堂を創業し、故郷の伝統工芸品の販売に乗り出す。同時に地方にいるメリットを生かした様々なビジネスを企画、開発。

「難しい=嫌い」ではなく「理解できない=嫌い」であるという自身の経験を踏まえ、一人でも多くの子どもを、「理解できる=好き」「難しい=ワクワク」に変えられるように超図解ズーミング数学を開発。

2010年に講談社より【今すぐできる「戦略思考」の教科書】、2011年に日経BP社より【Preziではじめるズーミングプレゼンテーション(第一版)】を出版。最新のプレゼンテーションツールであるPrezi(プレジー)の日本国内第一人者として東京、大阪など様々な場所でセミナーを開催、国内外の大手企業のエグゼクティブプレゼンテーション制作を手がける。

尾間 俊雄(おま としお)

1984年 富山県高岡市出身 東京大学経済学部経済学科卒。
大学卒業後、株式会社NTTデータで企業向けの大規模ソフトウェア開発に従事、最先端の技術を活用したWebシステムの設計、実装について深い知識と経験を持つ。
2017年に筏井から超図解ズーミング数学の構想を聞き、理解できない原因への「気づき」や、定理や公式が生まれた「カラクリ」を見事に表現できる教材が作れることに気づいて教材の開発をスタートする。学習コンテンツの開発だけでなく、サービスの設計、開発も担当。
塾に一度も通うことなく市立の中学校から県内トップレベルの公立高校に進学、高校時代も予備校を使わず独学で東京大学に現役合格した経験を持つ。
やみくもな暗記ではなく、正しい解き方・考え方を身につけるために同じ教材で何度もくり返し学ぶことが勉強で成果を出すために重要だと考えている。1人でも多くの子供たちに、「正しい解き方・考え方」が効率的に身につく動画教材と勉強法を習得してもらうことを目指している。

開発者に聞く!